2024年3月1日より受付電話番号を廃止し、全ての修理予約は公式LINEからとなりました。

【マニュアル】PCX125(JF28・JF56・JF81)のセンターリッドカバーをいっちゃん最初に外す方法

PCX125の相次ぐ型式変更は、昨今の環境保全による厳しい排ガス規制に起因しています。

JF28から始まり、モデルチェンジし、JF56→排ガス規制→JF81 ここで再度モデルチェンジし、JK05 と現行に至っております。

それぞれで細かくパーツが違ったりするんですが、今回行うセンターリッドカバーの脱着に関しては現行も含め、ほぼ一緒です。

個人的に、PCX、ステップの中央が出っ張ってるのがイケすかないんですが、ガソリンタンクがあるんで致し方ありません。

このリッドカバー外しですが、メットインボックスを外す際に干渉します。

なので、どっちを先に外すか、それはメンテナンスの内容次第になるわけですが、今回はリッドカバーのみを外してみたいと思います。

正直、外すのも装着するのも、ムズいです。

順番を無視している感は否めないのですが、リッドカバーケーブルがうまく動かなくなった場合には重宝する作業です。

PCX125のセンターリッドカバー脱着法
PCX125のセンターリッドカバー脱着法

リッドカバーを開けロック部脇にある2本の#2プラスビスを外す。

PCX125のセンターリッドカバー脱着法

ビス形状です。

PCX125のセンターリッドカバー脱着法

まず、シートヒンジ部から見て、センターカバーの端がメットインボックスに掛かっているのがわかるだろうか?

これを最初にかわしておくと後で楽ちんだ。

作業がしにくい場合はシートを外すのもイイだろう。

PCX125のセンターリッドカバー脱着法

レッグモール部にハマるツメを、後方にずらしながら外します。

外すというより、ツメを浮かせるのが正しいかな。

PCX125のセンターリッドカバー脱着法

コツは、リッドカバー辺りを支点にして、折り曲げる力を使うのがイイだろう。

PCX125のセンターリッドカバー脱着法

シート部をかわすのがなかなかコツが要るのだが、そこさえ外れてしまえばあとは引き抜くだけだ。

弓状になっているから、余計にムズイんですよね。

PCX125のセンターリッドカバー脱着法

リッドカバーが外れた様子です。

駆動しているケーブルが見えると思うが、これが何らかの原因で動きが悪くなると、リッドが開かないトラブルとなる。

さらに、レッグシールドやレッグモールなども、このリッドカバー内側でビス留めされていたりするので、外装外しには必須作業となる。

お次はボディカバーやメットインボックス外しなどに進んでみよう。

ではでは。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
18 投票 · 42 回答
回答
TOP