【マニュアル】わずか1分作業!ジョルノ2ストのフロントパネルを外す方法をたった画像3枚で解説

まだまだ走ってる姿を見かけるジョルノ(AF24)ですが、操案系、つまり、人間が操作舵を取る、機械的に動かして操作する部分を言うパーツ郡をそう呼びますが、その操案系の不具合が、古いだけにトラブルが多いです。

例えば、ケーブル類。

ブレーキケーブルが硬く握りにくくブレーキが効きづらかったり、サスペンションが経たって動きが悪く、乗り心地が悪かったりと言ったトラブルですね。

そんな時に必要になる作業が、ケーブル類露出する、フロントパネルの取外しとなります。

今回は、1分でその作業を完了したいと思っています。

ぜんぜん可能です。

必要な工具は、#3プラスドライバー1本、これだけです。

しかも、正面に回ったり、インナー側に回ったりと、立ち位置を変える必要もありません。

バイク正面に立って作業完了します。

ジョルノ2のフロントパネル外し

まず、肝心かなめの正面の#3プラスネジを外します。

必ず、これ、#3プラスを使って下さい。

大きいプラスドライバーです。

ジョルノ2のフロントパネル外し

次に、フェンダー上部にある、パネルの脇から留まる#3プラスネジを、左右両側で2本を外します。

ネジ類はこれだけです。

ジョルノ2のフロントパネル外し

あとは、パカっと取るだけです。

ツメなどもハマっていないので、いともカンタンに外れます。

ジョルノ2のフロントパネル外し

外れると、各ケーブル類やら、電装系一部パーツ、そしてメインキーなども露出します。

ケーブル類の交換の際には、必ず必要となる作業になりますので、基本中の基本として、実践してみると宜しいかと思います。

ではでは。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
8 投票 · 13 回答
回答

原付バイクのどんなプラグでも確実に緩める、外す、装着することが確実に行える、ガッチャも絶大な信頼を置いているプラグレンチの決定版!


TOP