エンジン不動のコレダスポーツ(K50)のキャブレターオーバーホールのための車体離脱法

今年の正月はそれほど忙しくなかった印象です。

年々、原付ユーザーが減っているというのもあるでしょうね。

それと、修理に踏み込まないユーザーが多いこと。

修理しないってのは、修理費を払うぐらいなら捨てる ってことです。

もう、使い捨てなんです、バイクは。

もちろん、ガッチャも昨今の燃料費高騰やら材料費の値上げがあり、修理費は年々高くなって来ており、依頼に繋がるケースも少なくなって来ており、バイクが売れないのも相まって、全盛期の半分程度の依頼量って感じです。

その中でもご依頼があるのは、やたらと古いバイクやら、乗りまくってる原付だったりと、程度がよろしく無いモノが多いのも事実です。

今回入庫したスズキのコレダスポーツ(K50)も、そうですが、かなりの年数を放置してしまったようで、復活は難しい部類に入ります。

なにせ、パーツが出ない。

さらに、放置パックであっても、二桁に届くような案件が少なくなく、その修理費を出せないユーザーが多く、今回もボーダーラインが5万円だったので、結果、断念せざるを得ない状況でした。

ただし、コレダに関して言えば、キャブレターは外部に露出していないので、ぴんぴんの新品に見えるほど程度が良いモノが多いです。

そこで、レクチャーとして車体からキャブを離脱するところまで、今回、やってみたいと思います。

コレダスポーツ(K50)

パーツリストですが、キャブカバーの方を見てみよう。

コレダのキャブレター脱着法_パーツリスト

あっち側になるので、よく見えないですよね。

コレダでも、エアバルブが付いているタイプになります。

コレダのキャブレター脱着法

まず、キャブカバーを取り外します。

キャブカバーという名称で正しいかはわかりませんが、クランクケースでは無いことは確かです。

4本の#3プラスネジとなります。

コレダのキャブレター脱着法

ネジ形状はM6となります。

コレダのキャブレター脱着法

これでカバーが外れます。

ガスケットはキレイに残ると思います。

コレダのキャブレター脱着法

外すと、すぐにエアーバルブのホースが繋がっているので、これを外します。

コレダのキャブレター脱着法

これでカバーが離脱しました。

コレダのキャブレター脱着法

次に、キャブフロートのドレンホースを抜きます。

コレダのキャブレター脱着法

次にやるのが、この真上にあるケーブル類が通るゴムカバーを外すべく、スチールカバーを留める#3プラスネジを外します。

コレダのキャブレター脱着法

やはりM6です。

コレダのキャブレター脱着法

まずは、スチールカバーを外します。

コレダのキャブレター脱着法

次にゴムカバーなのですが、防水を兼ねています。

アイドル調整ネジとスロットルケーブル、チョークケーブルが通っています。

コレダのキャブレター脱着法

ここでキャブを取り外して、外に出してからケーブルを抜くモノなのですが、少し横着して、キャブを外さず、エンジンが掛けられないかと、このままスロットルを外してみようと試みました。

コレダのキャブレター脱着法

ラジペンでスロットルカバーを反時計回りで緩め外します。

コレダのキャブレター脱着法

チョークは上からつまんで外します。コレダのキャブレター脱着法

これでケーブル類が外れます。コレダのキャブレター脱着法

このキャブ穴めがけて、キャブクリーナーを突っ込んでエンジン始動をトライしてみました。

すると、ブルン!とは言ったのですが、アクセルを開けるとストールしてしまうので、やっぱりキャブを外してオーバーホールしないとダメでした。

ま、こうした積み重ねです、経験とは。。。

コレダのキャブレター脱着法

キャブを車体から離脱させるには、この脇にあるゴムカバーを外します。

引っこ抜くだけです。

コレダのキャブレター脱着法

ただのゴムカバーです。

コレダのキャブレター脱着法

外した穴を覗き込むと、マイナスネジが見えるのがわかるでしょうか?

これがキャブをインマニに留めているわけです。

コレダのキャブレター脱着法

マイナスドライバーを使い、反時計回りで緩めます。コレダのキャブレター脱着法

キャブを外側に引っこ抜くことが出来ました。

コレダのキャブレター脱着法

こんな感じに引っ張り出します。

コレダのキャブレター脱着法

ちょっと暗くて見にくくなりましたが、オイルホースを外します。コレダのキャブレター脱着法

はい、これで離脱出来ましたね。

コレダのキャブレター脱着法

露出しているキャブと違って、外部はほんとにキレイですね。

 

コレダのキャブレター脱着法

外れたケース内です。

左側にはクラッチケーブルが見えますね。

つまり、このキャブボックスは、エアクリーナーボックスも兼ねている作りってのがわかると思います。

吸入方向を見ていくと、エアフィルターが付いているというわけです。

ホンダ、ヤマハには無い作りなので、困惑するでしょうが、ま、よく考えたもんですね。

次回は、キャブ洗浄をやってみたいと思います。

ではでは。

関連マニュアル

【マニュアル】エンストの原因がプラグキャップとは!エンジン不動時に絶対確認すべきプラグキャップ浮き

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
8 投票 · 13 回答
回答

原付バイクのどんなプラグでも確実に緩める、外す、装着することが確実に行える、ガッチャも絶大な信頼を置いているプラグレンチの決定版!


TOP