もはや希少車!スペイシー100(JF13)のハンドルアッパーカバー脱着法

ただいま入庫中の車両たちは、すべて去年からの作業途中でありまして、1・2・3・4日と出張作業が忙しかったので、いよいよ工場の車両たちをやらなければです。

ちょうど入庫修理中のスペイシー100(JF13)が放置パックで作業中です。

その過程でハンドルアッパーカバーを外すことになりましたので、レクチャーしてみよう。

そもそも、バックミラーを外さなければならないのですが、根元からポキっと折れやがって、タップを掘り直さなければならず、アッパーカバーを外すことになった わけです。

厄介です。

スペイシー100(JF13)

スペイシー100は中国生産であり、ネジ類、特にクリップ類やアンダーカバーなどの材質が良くないため、クラックには気をつけたい車種です。

特にもう発売からかなりの年月が経っているので、どの個体も程度は良くない。

樹脂類がカッサカサになってるケースも多く、分解作業中にパキパキと割れてしまうので、注意が必要だ。

パーツリストを見てみよう。

スペイシー100のハンドルアッパーカバー外し_パーツリスト

パーツリストを見ると、ウィンカーユニットは別ページに表記されている。

だが、当然、くっついて来るので、あとでユニットのコネクターは外すことになります。

スペイシー100のハンドルアッパーカバー外し

まず、正面から見て、奥まったところに2本の#2プラスビスが留まっているので、これを外します。

オフセットしたドライバーがイイだろう。

スペイシー100のハンドルアッパーカバー外し

ビス形状はこんな感じ。

スペイシー100のハンドルアッパーカバー外し

意外と短いビスだ。

次に、インナー側。

スペイシー100のハンドルアッパーカバー外し

こちらも少し奥まっているところに、#2プラスビス2本だ。

スペイシー100のハンドルアッパーカバー外し

ビス形状はほぼ同じだ。

スペイシー100のハンドルアッパーカバー外し

外し方のポイントだが、一番きつく入っているのが、このポッチツメだ。

まず、このポッチツメを左右両側で外します。

やや上に持ち上げてそのまま前方に引き出す感じだ。

スペイシー100のハンドルアッパーカバー外し

あとはついでに留まっている程度のツメなので、すんなり外れるはずだ。

バックミラーの根元が折れてるのが見えるだろう。

これを掘り直さなければならない。

スペイシー100のハンドルアッパーカバー外し

あとはウィンカーユニットのコネクターを外す。

左右あるので、2本のコネクターだ。

 

スペイシー100のハンドルアッパーカバー外し

スペイシー100のハンドルアッパーカバー外し

これで完了。

コンビブレーキ付きなので、ユニットがリアブレーキケーブル付近に付いているのがわかりますね。

あとはフロントがディスクブレーキなので、マスターシリンダーと真ん中にウィンカーリレーが見える。

それぞれ不具合の場合は、このアッパーカバーを外す必要性があるだろう。

ではでは。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
8 投票 · 13 回答
回答
TOP