始動性が落ちてきたらやるべき!アドレスV125のエアエレメント交換法

原付二種で今だ人気の車種が、このアドレスV125(CF46A・CF4EA)である。

今回は、こいつが始動性を落とした時に、まず、なにするか!?

とゆーメンテナンス作業をやってみましょー。

その第一が、エアフィルター交換です。

なぜなら、V125は今だにスポンジタイプを使っています。

古くなると、このスポンジがぼっそぼそになって、インジェクションに詰まったりします。

最悪、エンジン不動ですね。

今回の作業ですが、V125とV125Gの初期型CF46A型・後期型CF4EA型に対応しています。

まずはパーツリストをチェック。

V125フィルター交換_パーツリスト

意外と細かいでしょ?

ダクト類は、装着しないとぜんぜん吹けませんので、破損や欠落したときは、発注掛けて装着は必須でしょうね。

V125フィルター交換

まずは、6本の#2プラスビスを緩め外します。

工具を使うのはここまでです。

V125フィルター交換

カバーを開けます。

この時に、パッキンが外れることがありますが、ムリして切っちゃわないよーにしましょう。

V125フィルター交換

これがフィルター部。

今どき、スポンジタイプだ。

V125フィルター交換

この金網があるってことは、ぼそぼそになるの前提ということです。

V125フィルター交換

ボックスカバー裏もキレイにしておきましょう。

V125フィルター交換

ぼそぼそになったケース。

V125フィルター交換

もう原型を保っておらず、ひどいもんです。

このカスがインジェクションに回ると、エンジンが掛からないことになりますんで。

V125フィルター交換

新品交換したら、エアフィルターオイルをかざしておくと、しっかりゴミを吸着してくれます。

なければ、4ストオイルをうすーく塗っておけばOKです。

安いパーツでもあるので、エレメントは掃除ではなく毎回交換したいですね。

ではでは。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
8 投票 · 13 回答
回答

硬いネジや舐めそうなネジを浸透力で確実に回せるようになる原付メンテの必需品!


TOP