ビーノ2(5AU/SA10J)の5分でできる!白くて大きなテールカバー脱着法

今回はヤマハビーノ(5AU)のテールカバー脱着法です。

ヤマハ2スト原付の一連の外装外しの流れとして、まず、センターカバーを外し→ボディカバーを外し→キャリアを外し→メットインボックスを外す

とゆー流れになる。

まことにめんどーなステップなのだが、ことビーノに関しては、ボディカバーとテールカバーがピースで分かれている構造のため、余計めんどっちー。

これまでの過去レクチャーにより、ボディカバーまで外すことが出来た

今回はテールカバー。

ビーノ(5AU)

個体は、5AU型で初期型です。

後期型のSA10J型と脱着法自体は、なんら変わりありませんが、パーツ型番はいろいろと年式で変わっていますので、適切なパーツ発注をしてください。

ビーノ2のテールカバー脱着法パーツリスト

パーツリスト上では カバーサイド1 とあります。

これはサイドカバーじゃ無いやろ と思うのですが、ま、イイや。

ビーノ2のテールカバー脱着法

このようにボディカバーは外れている。

まず、サブフレームに留まる10mmネジを外します。

ビーノ2のテールカバー脱着法

次に真上からメットインボックスと留まる#2プラスビスを2本外します。

ビーノ2のテールカバー脱着法

ここで給油キャップを外しておく。

ビーノ2のテールカバー脱着法

今度は左側側面の10mmネジを外します。

これでねじ類は完了。

ビーノ2のテールカバー脱着法

なんや汚くなっていますが、テールユニットのコネクターを外します。

ビーノ2のテールカバー脱着法

まず、後方に引っ張ります。

これでメットインボックスとの絡みが外れたら、すんなり離脱するでしょう。

ビーノ2のテールカバー脱着法

これはガソリン受け皿のドレンホースですが、テールフェンダー部にハマっているので、外しておくとイイでしょう。

ビーノ2のテールカバー脱着法

作業完了です。

裸になりましたね。

するとガソリンタンクが露出しますので、タンク交換や、シートロックの交換などをすることができるようになります。

次はいよいよメットインボックスを外すことができそうです。

ではでは。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
10 投票 · 17 回答
回答

硬いネジや舐めそうなネジを浸透力で確実に回せるようになる原付メンテの必需品!


TOP