2024年3月1日より受付電話番号を廃止し、全ての修理予約は公式LINEからとなりました。

【マニュアル】BJ(ベーシックジョグ)のボディカバー&メットインボックスを外してみる

前回の続きの作業です。

車両はBJ(ベーシックジョグ)SA24J型サイドモール→センターカバー→シート→キャリア→ボディカバー→メットインボックス

という流れの中の、今回はいよいよ、ボディカバーとメットインボックスになります。

そもそも他のメーカーの車種では一緒に書く内容ではないのですが、ヤマハの場合って、ボディカバーを外さないとメットインボックスが外れないという流れとなってしまうので、必然性があるということもあります。

画像が多いので、早速作業始めてみましょう。

BJのボディカバー脱着法

まず、燃料キャップを外します。

空いたままになりますから、火気厳禁、ゴミなども落とさないように注意してください。

BJのボディカバー脱着法

そのすぐ前を見ると、メットインボックスに留まる2本の#2プラスビスがあるので、これを外します。

BJのボディカバー脱着法

次に脇に目をやると、前回サイドモールカバーを外した部分ですね、そこに#2プラスビスが2本あるので、これを外します。

BJのボディカバー脱着法

後方からパカっと上部に跳ね上げます。

この時に、キャリア装着してあったボディの穴を意識するとイイでしょう。

BJのボディカバー脱着法

ステップとの接点は進行方向に挿さるツメになっていますので、これをやや斜め後方の力で外すのがコツです。

BJのボディカバー脱着法

これで離脱しました。

ワンピースのボディカバーなので、意外と大きく重たいです。

BJのボディカバー脱着法

外れるとこんな状態です。

メットインボックスだけ浮いているような感じですね。

これも外して行きます。

まず中を覗くと、マットがあります。

BJのボディカバー脱着法

マットというよりスポンジに近い素材なので、わりと弱いです。

すぐにちぎれてしまうので、扱いは注意ですね。

BJのボディカバー脱着法

底部の10mmネジと、シートロック部脇の10mmナット、それぞれ2本ずつ外します。

BJのボディカバー脱着法

これはセルリレーです。

セルボタンを押すと、カッチンカッチンとセルモーターに通電させる働きがあります。

ゴムの差し込みを引っこ抜くだけです。

取れにくい場合はラスペネするとイイでしょう。

BJのボディカバー脱着法

これですんなり外れます。

BJのボディカバー脱着法

メットインボックスも離脱しました。

が・・・

セルモーターは丸見えなりましたが、キャブが見えるわけでもなく、その後のメンテナンスには、なんら役目を果たさないですね。

キャブ洗浄をしようとすれば、この後、オイルタンクを外し、ステップを外さないと手が入りそうにありません。

どこまでもかったるい作りですね。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
18 投票 · 42 回答
回答

原付バイクのどんなプラグでも確実に緩める、外す、装着することが確実に行える、ガッチャも絶大な信頼を置いているプラグレンチの決定版!


TOP