【マニュアル】誰でもすんなり外せる!レッツⅡ(最終型)のサイドモールカバーの外し方のコツ

さて、今回はメンテナンスマニュアルです。

スズキの2スト原付のレッツⅡ(CA1PA)のサイドカバーの外し方なんぞをやってみたいと思います。

カンタンです。

カンタンなんですが、あんまり意味の無いパーツ外しになります。

ほんとに外装交換する時ぐらいかな、必要なのは。

レッツ2 (CA1PA)

レッツⅡでも前期型の場合は形状が違い、アンダーカバーも兼ねているのですが、後期型になるとサイドモールカバーになっているので、特に外さなくてもメンテナンス性は損なわないので、意味が無いという所以です。

ところで後期型とは、CA1PA型のガソリン給油口がシート下に入ったモノ と考えてイイです。

厳密に言うと、そうでない年式もあるのですが、ほっとんど出回っていないので、上記条件で差し支えありません。

レッツⅡのサイドモールカバーの外し方

まず、真横から見て前方にある#3プラスネジを外します。

レッツⅡのサイドモールカバーの外し方

次に、ボディカバーに留まる跳ね上がってる部分に#2プラスビスがあるので、これも外します。

レッツⅡのサイドモールカバーの外し方

それぞれの外したネジとビスです。

ネジ(上)とビス(下)の違いはわかりますかね?

JIS規格の「M」規格でタップが切ってあれば、ネジ

M5とかM6とかネジ径の太さでそう呼んでいます。

木ビスのように、プラスチックの穴受けに対してアバウトにねじ込む方式をビスと言います。

スチール形状のアンカー受けに対してビス打ちするタイプもあります。

コツとして、フロントスカートにハマるツメを最初にかわしておくと楽です。

レッツⅡのサイドモールカバーの外し方

ツメの形状を見るとわかると思いますが、下方に力を入れて外す方式です。

レッツⅡのサイドモールカバーの外し方

地面の方向に力を入れると外しやすいです。

レッツⅡのサイドモールカバーの外し方

はい、これでサイドモールカバーは外れました。

でも、大して変わってないでしょ?

ほぼ重要なメンテナンス領域は広がらないんです。

前期型のフレームとパーツを活かしながら簡素化したかった というのが本音でしょう。

たしかに意味は無いけど、付けないってわけには行きませんからね。

ま、一応、ご紹介しておきました。

ではでは。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
8 投票 · 13 回答
回答

原付バイクのどんなプラグでも確実に緩める、外す、装着することが確実に行える、ガッチャも絶大な信頼を置いているプラグレンチの決定版!


TOP