2024年3月1日より受付電話番号を廃止し、全ての修理予約は公式LINEからとなりました。

【マニュアル】ジョーカー50/90のマフラー詰まり時・交換時に活用できる!マフラー脱着法

先日まで入庫していたジョーカー90(HF09)なんですが、マフラー詰まりを起こしておりました。

走行22,000kmだったので、詰まるのには早めなのですが、なにせ古いですからね。

ガソリンスタンドの濃い目のオイルを使って、渋滞路をとろとろと走るよーな環境だと、すぐに2ストバイクはマフラー詰まりを起こします。

そこで、今回は、マフラーの着脱法をやってみたいと思います。

ぶっちゃけ、個体はジョーカーでやっているマフラー着脱法なんですが、エンジンをまったく同じとする、リード50/90(AF20/HF05)シリーズにも対応できます。

ただ、マフラー自体のパーツ型番は厳密に言えば違うので、ボルトオンだが、タイプ違いとゆーことを覚えておいて頂ければ。

マフラー詰まりの場合で、コストを抑えたい場合は、リードタイプを使用するのもアリっちゃアリだ。

純正マフラーのネットフリマでの中古パーツは、イマイチ、手を出しにくいですからね。

ジョーカー50_90のマフラー着脱法

前回の記事で、メットインボックスを外しました。

ココからスタートしたいと思います。

もし、メットインボックスが外れていない場合は、まずは、そちらを参考にして下さい。

緑○の部分がエキパイ接続部だ。

ジョーカー50_90のマフラー着脱法

真上から見たところだが、奥とゆーか下のナットが見えないですね。

ジョーカー50_90のマフラー着脱法

まずは、手っ取り早く手前の10mmナットから外しちゃいましょー

反時計回りだ。

ジョーカー50_90のマフラー着脱法

こんなよーなロングナットになっている。

この形状は、ネジ部がサビないように工夫されているわけだ。

なので、ふつーの短いナットを入れると、ネジ部がサビサビになって、その後、外しにくくなるので、この専用ナットは無くさなようにしよう。

ジョーカー50_90のマフラー着脱法

奥のナットは工具が入りにくいのだが、最悪、工具が入らなければスパナで回すのがイイだろう。

ジョーカー50_90のマフラー着脱法

両側外れました。

そしたら、脇のボルトだ。

ジョーカー50_90のマフラー着脱法

12mmボルトが2本留まっているので、これを外す。

ただし、ネジを2本とも抜いてしまうとマフラーが落ちしてしまうので、1本は仮にハメておくのがコツだ。

created by Rinker
バイクパーツセンター(Bike Parts Center)
¥3,559 (2024/06/12 13:56:16時点 Amazon調べ-詳細)

ジョーカー50_90のマフラー着脱法

ボルトにはオフセットカラーが付いているので、無くさないように。

ジョーカー50_90のマフラー着脱法

エキパイ部をヘッドから外し、マフラーを半回転させてみよう。

つまり、エキパイ部がバイクの前方を向くように回転させるのが外すコツだ。

ジョーカー50_90のマフラー着脱法

かなり誇張しているのだが、このような角度で抜くと外れやすい。

ジョーカー50_90のマフラー着脱法

外れると、リアホイールのセンターナットが見えてくる。

これでマフラー外しは完了。

マフラー交換の際や、タイヤ交換の際には必要になる作業となる。

一度、実践してみて欲しい。

次回は、リアホイールを外してみようと思います。

ではでは。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
20 投票 · 48 回答
回答

原付バイクのどんなプラグでも確実に緩める、外す、装着することが確実に行える、ガッチャも絶大な信頼を置いているプラグレンチの決定版!


TOP