ズーマーXの社外メットインカバーとエンジンメンテカバー脱着法をレクチャー

今回はズーマーXの社外パーツが装着されていたこともあったので、なかなか変わり種なレクチャーになりそうです。

メットインカバーというのが社外パーツでありまして、この外しからのエンジンメンテカバー脱着法となります。

と言いますのは、インジェクションが燃料を吹かない症状が出ておりまして、それを確認するために、外した経緯があります。

いずれにおいても、希少車であることと、まれなトラブルであることから、どれだけ役に立つかわかりませんが、やってみましょう。

個体は、逆輸入バージョンですが、国内仕様のもまったく同じ作業内容となります。パーツリストもJF52版のモノです。

ズーマーXのインナーカバー_パーツリスト

細かいパーツ郡ですね。

メットインボックスカバー全体を外そうとすると、テールからサイドから相当絡みがありそうですが、今回はインジェクションノズルが覗ければイイので、メンテカバーのみです。

ズーマーXのインナーカバー

まず、給油カバーを開けて2本の#2プラスネジを外します。

ズーマーXのインナーカバー

M5の鍋ネジなのですが、少しだけオフセットしてあるので、特殊っちゃ特殊です。

ズーマーXのインナーカバー

次に、この黒いカバーが社外パーツです。

底部に#2プラスビスが留まっているので、これを外します。

通しビスになっているので、長いです。

ズーマーXのインナーカバー

純正のパーツをも共締めされています。

ズーマーXのインナーカバー

あとは後方に10mmネジが2本ありますので、外します。

ズーマーXのインナーカバー

バイク特有のネジですね。

ズーマーXのインナーカバー

これで、この社外メットインカバーが外れます。

密閉とまでは行きませんが、脇からスースーと外気が入ることが無くなるってのが、このパーツの優位性でしょうか。

でも、埃だらけになってましたけどね。

ズーマーXのインナーカバー

これでやっとこさ、標準状態ですね。

このアミアミの模様が入ったカバーが純正メットインボックスです。

ズーマーXのインナーカバー

あとは、この2本の#2プラスビスを外します。

ズーマーXのインナーカバー

こちらは短いビスです。

ズーマーXのインナーカバー

後方にハマったツメを意識して、パカっと外します。

ズーマーXのインナーカバー

ちょうど、インジェクションノズルのメンテナンスが行えるようなカバーになっています。

ま、ちょいちょい壊れるっちゃ壊れるかもね。

このあと、ノズルを溶剤に漬け込んで、しっかり噴射するようにはなりました。

同じ症状の方、一度やってみては。

ではでは。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
10 投票 · 17 回答
回答

硬いネジや舐めそうなネジを浸透力で確実に回せるようになる原付メンテの必需品!


TOP