【マニュアル】ディオ4がシャー!というエンジン音がするので、とりあえずオイル交換

今回はメンテナンスマニュアルです。

放置パックで入庫したディオ4(AF68)の作業過程で、オイル交換をしなければなりませんので、一緒にやってみましょう。

このディオですが、エンジン音がエンジン排気音と作動音の他に、シャー!という少々クランクベアリングが鳴っている音が聞こえます。

ディオ(AF68)

よろしくありませんな・・・オイル交換をして直るわけではないのですが、エンジンコーティング剤を入れて少しでもこのベアリングの劣化を減らさなければなりません。

ちゅーことで、コーティング剤はともかくとして、オイル交換方法をやってみましょう。

この作業ですが、同型エンジンを採用している、ディオ(AF62)・トゥデイ(AF61)・トゥデイ(AF67)も手順は同じです。

ディオ4のオイル交換方法

まず、立ち位置は、右側、マフラー側です。

ディオ4のオイル交換方法

センタースタンドのちょい後ろあたりに17mmドレンボルトがありますので、これを反時計回りに緩め、外します。

ディオ4のオイル交換方法

オイルが勢い良く出て来るので、喰らわないように気をつけて。

ディオ4のオイル交換方法

ドレンボルトとセットで、必ずパッキンがついているので、これを無くさないようにしましょーね。

ディオ4のオイル交換方法

ぽたん、ぽたんも無くなったら、ボルトを閉じます。

ディオ4のオイル交換方法

まずは手回しで。

ディオ4のオイル交換方法

ガッチャではハンドレンチは使わないので、インパクトで締め込みます。

ディオ4のオイル交換方法

この廃油ですが、適切に処理してください。

ディオ4のオイル交換方法

次に、オイルを補給します。

補給口は、マフラーボルト近くにあるツマミを反時計回りで外します。

ディオ4のオイル交換方法

ゲージになっており、握り部に0.7Lと記載がありますので、一挙に入れてもイイでしょう。

ゲージの先端にオイルが付けばOKです。

ディオ4のオイル交換方法

ガッチャでは、冬場のオイルは0W-40(夏場は5W-40)を使っています。

ひじょうに柔らかいオイルでエンジンの始動性がアップしますが、その分、汚れるオイルでもあります。

高価なオイルですから、そこは自己判断で。

廃油の処理が面倒かも知れませんが、DIYメンテナンスの基本となりますので、一度はやってみてほしい作業です。

ではでは。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
8 投票 · 13 回答
回答

原付バイクのどんなプラグでも確実に緩める、外す、装着することが確実に行える、ガッチャも絶大な信頼を置いているプラグレンチの決定版!


TOP