【マニュアル】ディオ初期型の世界一頑強なサイドモールカバーの脱着方法

ここんところ、レクチャーブログを昔の画像を引っ張り出してアップしています。

いつも見ています!と、お礼を言われます。

このガッチャサイトを参考にして頂いて、原付バイクのDIYメンテナンスをたくさんのユーザーさんに実践して頂くのが最大の目標です。

そのためには、一番バイクに乗っていた世代の心を動かすことが大切であり、1990年前後にバイクが好きだった世代を肝と捉えています。

そして、「イジり」を楽しくするには、まず、高機能な道具を揃え、それを使いこなすこと自体が楽しくなる方法をレクチャーしています。

つまり、なんでも、まず道具。

個人的には、そう思っています。

趣味の料理も、まず道具が無いと楽しくないんです。

コロッケ作る時にじゃがいも潰すんですが、フォークでやるのとマッシャーでやるのじゃ、時間と手間が違います。

道具もなしにセコく、ねちねち手間かけてやっても楽しくないやん!

しっかり道具を揃えて、よっしゃ!メンテナンスやるぞ!とゆー意気込みが必要だと思います。

そんな1990年代に爆発的に売れていた、今回、ディオ(AF18)のサイドモールカバーの外し方をやってみたいと思います。

ディオ(AF18)

完璧です。

スタイリング、機能、性能、耐久性、汎用性、大きさ、重さ、乗り味、すべてにおいて100%です。

これ以上のスクーターは無いでしょう。

しかも、今回やる、樹脂モールパーツは、超頑丈。

ちょっとやそっとじゃ割れたりしない、ちゃんとした素材で作られている逸品です。

ディオ2のサイドモールカバー外し

このグレーのパーツ、今回は左側を参考にやって行こうと思います。

ディオ2のサイドモールカバー外し

脇から見て2本の#2プラスネジを外します。

M5の鍋頭のネジです。

ディオ2のサイドモールカバー外し

リアフェンダーと留まるアンカークリップを外します。

プラスタイプになるので、ドライバーで緩める方向に回すと、多少は浮いて来ますので。

ディオ2のサイドモールカバー外し

フェンダー裏側から、手前に出します。

アンカークリップが留まっていた部分を引き出すような感じです。

ディオ2のサイドモールカバー外し

後ろ方向へ力を入れると外れます。

ツメの形状をよーく見てアクションを把握してください。

ディオ2のサイドモールカバー外し

はい、取れましたー。

アクセルケーブルの交換時や、各配線、ホース類のメンテナンスが格段にしやすくなりますね。

まずは、モールカバーを外すというのは、スクーターメンテナンスの基本です。

やってみてくださいね。

ではでは。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
8 投票 · 13 回答
回答

硬いネジや舐めそうなネジを浸透力で確実に回せるようになる原付メンテの必需品!


TOP