【マニュアル】もっさりジョグ(SA01J・04J・12J)のでっかいサイドボディカバーを外す方法を伝授

ヤマハの定番スクーター中、一番売れなかったとも言われる、もっさりジョグ。

とにかくデザイン悪し。

尖ったイメージのあったジョグをサイコーに裏切ったデザインが不評というか・・・それぐらい空気読んでくれよー

ジョグが丸くなったら終わりでしょ。

外装パーツの組み込み方も、どーも気に食わない。

理解しずらいのもあって、あんまりイジリ方は公開されていないのもありますが、そこはめげずにやって行きたいと思います。

今回やるのはサイドボディカバーの外し方です。

もはや把握しなくてもイイですが、この型のジョグは、SA01JSA04JSA12Jと変化しています。

特に排ガス規制などは無いのですが、デザイン修正が主です。

日産レパードがソアラに大差を付けられたときに、大幅なビッグマイナーチェンジを行いましたが、それと同じです。

ヘッドライトを下に付けて、えらい不評だったため、SA04Jでハンドル位置に持って来たわけです。

こういう変更はお金が結構掛かるモノで、ヤマハも焦った感があります。

しかし、テールのもっさり感は消せず、フロントディスクなどを標準化してみたが、まったく振るわず、尖ったイメージに戻したSA16Jへのフルモデルチェンジを行ったというわけです。

ジョグを丸くするから・・・w

さて作業進めます。

ジョグ(SA01J系)のボディカバー脱着法

脇から見て、2本の#2プラスビスを外します。

でっかいパーツ郡になりますが、ボディカバーとサイドモールは一体なんですね。

ジョグ(SA01J系)のボディカバー脱着法

テール部フェンダーと留まるアンカークリップを外します。

プラスタイプなので、反時計回りで少し緩めると、クリップが浮いて来ます。

ジョグ(SA01J系)のボディカバー脱着法

ステップ部のツメを下からえぐるような軌道で外します。

ジョグ(SA01J系)のボディカバー脱着法

ツメと穴の形状を確認しておきましょう。

ジョグ(SA01J系)のボディカバー脱着法

センターカバーとのツメも意外とすんなり外れます。

そもそも、センターカバーを先に外しておくという順序もありです。

ジョグ(SA01J系)のボディカバー脱着法

テール部がまた難解なんですが、すべて、ゆるゆるのツメでかろうじて付いているレベルです。

ほんと、この辺りは品質の悪さが出ています。

ジョグ(SA01J系)のボディカバー脱着法

外して見ると、内装もほぼボディカバーと同じ形状になっているのが不思議ですね。

さすがにメットインスペースは広く取られています。

次にボディカバー、つまり、色物パーツを外してみようと思います。

ジョグ(SA01J系)のボディカバー脱着法

裏から見ると、#2プラスビス1本で留まっています。

これを外して、あとはツメを外せば、ボディカバーが外れます。

ジョグ(SA01J系)のボディカバー脱着法
ジョグ(SA01J系)のボディカバー脱着法

これで、カラーチェンジなども出来ますね。

とは言え、モールモールしている車両なので、ボディーカラーチェンジもそんなにイメージを払拭することは無いかも知れません。

なんにしても締まらないジョグです。

ではでは。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
8 投票 · 13 回答
回答

硬いネジや舐めそうなネジを浸透力で確実に回せるようになる原付メンテの必需品!


TOP