ホンダ系原付スクーターのアクセルスロットルが戻らないトラブルをパーツ交換なしで直す方法

もう25年前に発売されたライブディオ(AF34)が放置パックで入庫しました。

その初期型ライブディオの修理を進める過程で、アクセルスロットが戻らないというよーな現象にぶち当たりました。

これを直す工程を、今回レクチャーしてみたいと思います。

まず、この作業ですが、ライブディオだけじゃなく、ホンダ系スクーター全般、そして、比較的古めの車種に対応することができます。

そもそも、アクセルスロットが戻らないケースにおける原因は、以下の3つに要約できます。

1)アクセルケーブルが内部で錆びて固着した場合

2)キャブレター内部が腐って粘度を帯びて、スロットルチャンバーが動かない場合

3)ハンドルが錆びてスロットルが固着している場合

まず、今回は、エンジンメンテナンスは先に進め、前提としてエンジンは掛かっている状態でありました。

エンジンが掛かる状態であれば、少なくとも、2)のキャブ腐りは無いわけです。

1)か、3)と、2択に絞ることができれば、これから行う作業を遂行してイイということになります。

つまり、エンジンが掛からない場合は、この作業は時期尚早です。

まずは、キャブ洗浄してエンジンを掛けてから、それでもなおかつアクセルが固まっているであれば、この作業に進もう。

個体がライブディオだったこともあり、前回の記事では、ライブディオのヘッドライトアッパーカバーの外し方をやっています。

同じ車種の場合は、こちらも参考にして進めて頂ければと思います。

では、アッパーカバーを外したところからやってみよう。

この動画にようにアクセルは開けられるが、戻らない。

とゆー現象の場合は、まず間違いなく、3)のハンドルサビが要因であろう。

では、ハンドルカバーをフリーにして行くところからやってみよう。

ホンダ原付のアクセル戻り不良を直す

2本の#2プラスビスで留まっている。

右の1本は目視できると思いますが、左は画像では見えないですよね。

ホンダ原付のアクセル戻り不良を直す

ケーブルの奥まっている部分にシルバー色のビスが見えるでしょ?

これがハンドルカバーをハンドルに留めているビスになります。

ホンダ原付のアクセル戻り不良を直す

ビスはこんな形状です。

ホンダ原付のアクセル戻り不良を直す

ハンドルカバーは、完全に外さなくてもOKです。

少し被りをかわせれば大丈夫。

アクセルボックスカバーが留まる10mmネジを外します。

ホンダ原付のアクセル戻り不良を直す

スプリングが付いているタイプのネジになります。

ホンダ原付のアクセル戻り不良を直す
ホンダ原付のアクセル戻り不良を直す

アクセルボックスカバーを完全に外しちゃいます。

インナー側で、ツメに引っかかっています。

ホンダ原付のアクセル戻り不良を直す

ホンダ系スクーターは、レバーホルダーとアクセルボックスは一体となっています。

これが、別体のタイプは、フロントがディスクブレーキのタイプです。

ただ、ディスクブレーキタイプでも、アクセルボックスは同じ構造なので、応用はカンタンだと思います。

ホンダ原付のアクセル戻り不良を直す

アクセルケーブルのガン玉をスロットルから外します。

ホンダ原付のアクセル戻り不良を直す

スロットルをハンドルから抜きます。

固着している場合は、この引っこ抜きが硬いはずなので、この時点で、ケーブルが悪いのか?ハンドルのサビによる固着なのか?が、ハッキリするはずです。

created by Rinker
PFP
¥1,500 (2024/02/23 06:52:19時点 Amazon調べ-詳細)

ホンダ原付のアクセル戻り不良を直す
ホンダ原付のアクセル戻り不良を直す

見て下さい、このサビ。

今回は、3)のハンドルサビによる固着ということがハッキリしました。

そこで、このハンドルサビをキレイにして行きます。

ホンダ原付のアクセル戻り不良を直す
ホンダ原付のアクセル戻り不良を直す

まずは、特殊溶剤で表面の汚れを取ります。

ホンダ原付のアクセル戻り不良を直す

ペーパーヤスリを使うのですが、#120を用意した。

塗装面だと、擦るとすぐに地が出て来るぐらい粗いモノです。

ホンダ原付のアクセル戻り不良を直す

サビのひどい部分にグルグルと擦ります。

ホンダ原付のアクセル戻り不良を直す

凹つきが無くなるまで擦ったら、錆止めのために、メンテルーブを塗布します。

ホンダ原付のアクセル戻り不良を直す

created by Rinker
ワコーズ(Wako's)
¥1,800 (2024/02/23 06:52:21時点 Amazon調べ-詳細)

ホンダ原付のアクセル戻り不良を直す

ラスペネよりは、少し粘度があるグリスっぽいタイプの注油がイイでしょう。

ホンダ原付のアクセル戻り不良を直す

スロットルをハメて、グリスを馴染ませると、動きが劇的に良くなっているはずだ。

いかがであろーか。

スコスコ戻るアクセルになったであろう。

今回はハンドルスチールがサビでスロットルを固着してしまったケースであった。

比較的古い原付バイクに起こる現象で、少し、期間的に放置してしまった場合に多く起こる現象でもある。

もし、毎日乗っているバイクがアクセルが渋いと思われるよーなケースの場合は、今回のケースには当てはまらないかと思う。

1)のケーブル固着が要因の場合が多いと思う。

ただ、いずれにしても、今回の作業は必須作業となると思うので、参考にはなるであろう。

ではでは。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
8 投票 · 13 回答
回答

硬いネジや舐めそうなネジを浸透力で確実に回せるようになる原付メンテの必需品!


TOP