2024年3月1日より受付電話番号を廃止し、全ての修理予約は公式LINEからとなりました。

【マニュアル】スウィッシュ125ccリアホイールをわずか10分で外せる目からウロコの脱着法!

先週に現場でタイヤ交換したスウィッシュ125(DV12B)の作業過程を、マフラーの外し方としてレクチャーしました。

今回は、その後の作業、リアホイールの外し方をレクチャーしたいと思います。

こうしたバイクハウツー系ブログで、なかなかホイールを外す方法を紹介するモノは少ないのではないでしょうか?

なぜなら地味だからです。

外装カウルを外す方法って、どっちかって言えば派手めな作業で、紹介するサイトも多いのですが、足廻りの分解法は、どーしてもドロ臭い作業です。

画がきったねーつーのもありますよね。

でも、DIYメンテもしにくいパートですし、レクチャーしがいがあるパートでもあります。

ただし、前回のマフラー外しの時にも書きましたが、ハンド工具はムリです。

必ず、18V以上のインパクトドライバーを用意して取り掛かる作業なので、機械を持っていない&機械が使いこなせないユーザーは、申し訳ないですが、手を出さない方がイイ作業です。

足廻りは命に直結する作業ですから、ビュン!と締め付けが出来る電動工具が無いとNGです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村 バイクブログ 原付・スクーターへ
スウィッシュ(DV12B)

電動工具のオススメですが、18VのマキタかHIKOKIがイイです。

どっちかって言うとHIKOKIのほうがバッテリーシステムが調子がイイですし、36Vマルチバッテリーが使えるので、後々イイかも知れません。

スウィッシュ125のリアホイール脱着法

今回、画像が多いので、どんどん進めます。

前回の作業、▲こんな感じになっていると思いますが、緑○の14mmボルトを外しましょう。

一個はリアサスと留まるボルトです。

それと、タイヤカバーと留まる、赤○の#3プラスネジも外します。

スウィッシュ125のリアホイール脱着法

これはエンジン躯体と留まっていた外したボルトです。

長い方が上、短い方が下のボルトです。

スウィッシュ125のリアホイール脱着法

これが、タイヤカバーのプラスネジ。

スウィッシュ125のリアホイール脱着法

こちらがリアサスのボルトです。

スウィッシュ125のリアホイール脱着法

これでリアサスがフリーになっているはずです。

スウィッシュ125のリアホイール脱着法

次に24mmセンターナットを外します。

インパクトであれば、片手でビュン!っと一発で緩みます。

何かを抑えながらとか、ブレーキ掛けながらとか、一切不要です。

created by Rinker
ベッセル(VESSEL)
¥5,142 (2024/05/25 13:29:25時点 Amazon調べ-詳細)

スウィッシュ125のリアホイール脱着法

ナットとホイールカラーの方向を覚えておきましょう。

カラーの広がってる方がナット側に来ますんで。

スウィッシュ125のリアホイール脱着法
スウィッシュ125のリアホイール脱着法

これで、スイングアームが外れます。

外れにくい場合は、少し、とんとんとアクションを起こしながら引き抜くと、じょじょに外れて来ます。

スウィッシュ125のリアホイール脱着法

こちらが、もう一個のホイールカラー。

つまり、カラーでスイングアームを挟み込んでいるわけです。

方向は、広い方がホイール側になります。

スウィッシュ125のリアホイール脱着法

ここで一番厄介な作業が、このタイヤカバーを外さないとリアタイヤ・ホイールが外れないんですよ。

こんなもん、いらねーっちゅーの。

文句はさておき、エアクリーナーボックスと留まる2本の#3プラスネジを外します。

わりと奥で留まっているので、オフセットしているドライバーじゃないと届かないかも。

スウィッシュ125のリアホイール脱着法

こんなネジを使っています。

スウィッシュ125のリアホイール脱着法
スウィッシュ125のリアホイール脱着法

このタイヤカバーをタイヤの起動状に滑り下ろせば、すんなり外れます。

外したついでに裏側を一洗いしておくとイイのかも知れませんね。

スウィッシュ125のリアホイール脱着法

ほんでもって、今度はリアサスが邪魔なわけです。

取っちゃうのもイイんですが、めんどっちーので、そのまま前方向にスイングさせてかわせば、リヤホイール外しの際に邪魔になりませんので。

スウィッシュ125のリアホイール脱着法

これで、リアホイール・タイヤが外れました。

わりと厄介な作業でしたが、マフラーさえ外れていれば、10分で遂行できるのではないでしょうか。

スウィッシュ125のリアホイール脱着法

外してみると、リアブレーキシューが露出します。

走行距離によっては、リアブレーキシューの交換も一緒にやっちゃいたい作業ではあります。

だいたい25,000kmぐらいの走行距離だと交換の時期かも知れませんね。

インパクトドライバーがあると、DIYメンテナンスの世界が確実に広がります。

もし、乗るだけじゃなく、少しでもメンテナンスをしてみたいなーと思っているユーザーが居れば、まずは、電動工具を手に入れてみてはいかがだろーか。

機械を使いこなすのは難しいですが、それも含めて、作業って、楽しいわけです。

イジる楽しみが増えると、乗るのがもっと楽しくもなりますし、仕組みがわかるって、なんつーか、少し人生が有意義になりますよ。

そんなユーザーの手助けになる記事を、これからも書いて行きますんで。

ではでは。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
18 投票 · 42 回答
回答
TOP