【マニュアル】ライブディオ(初期型)のヘッドライトアッパーカバーを外してみよう!

放置パックで入庫していたライブディオ(AF34)ですが、これは初期型のタイプです。

かなり経たりが進んでいた個体だったのですが、一番は、サビが凄かったこと。

このサビが起こすトラブルは様々なモノがありますが、今回支障が出たのが、アクセルでした。

アクセルが戻らない現象。

エンジンが掛からないことよりも怖いトラブルですよね。

このアクセル戻りに関しては、様々な要因があり、原因が一概には判断できないところがあります。

このアクセル戻り不良の修理を今回、レクチャーしてみようと思います。

ただし、個体はライブディオなんですが、実は、ホンダの原付バイク全般に対応できるハウツーとなっています。

とは言え、まずは、このライブディオのヘッドライトアッパーカバーを外してから進める必要性がありますので、まずは、この外装パーツレクチャーをやってみようと思います。

アクセル戻り不良から参考にしたいユーザーさんは、この回をすっ飛ばしてもイイかと思います。

次回から本格的にやりますんで。

ライブディオのヘッドライトアッパーカバー外し

まずは、バックミラーを外しておきましょう。

左右どちらも正ネジ回転です。

AF34のドラムブレーキタイプであれば、マスターシリンダーが無いので、そのまま進めるが、もし、AF35型のディスクブレーキタイプであれば、マスターシリンダーにカバーされるゴムを取り外すことになります。

ライブディオZXのマスターカバー外し

とは言え難しいことはなく、ハマっているゴムカバーを上方に引きはがすだけだ。

ライブディオZXのマスターカバー外し

これで、いよいよ、ネジ類を外していこう。

ライブディオのヘッドライトアッパーカバー外し

ヘッドライトの真下、奥にある、#2プラスネジを外します。

奥まっているので、ネジを抜くのが大変です。

ライブディオのヘッドライトアッパーカバー外し

わりと長いネジを使っています。

M5サイズです。

ライブディオのヘッドライトアッパーカバー外し

次にインナー側の#2プラスビスを2本外します。

ライブディオのヘッドライトアッパーカバー外し

こんな形状、長さです。

ライブディオのヘッドライトアッパーカバー外し

ツメは、このハンドル脇の大きなポッチツメから外します。

上に浮かすようにかわします。

ライブディオのヘッドライトアッパーカバー外し

メーター上も、わりとキツくツメが入っているので、折らないように気をつけながら外そう。

ライブディオのヘッドライトアッパーカバー外し

ツメがかわせれば、ガバっと外れるはずだ。

ヘッドライトとウィンカーコネクターがそれぞれ留まっているので、外して行こう。

ライブディオのヘッドライトアッパーカバー外し

まず、ヘッドライトの3極コネクター。

ライブディオのヘッドライトアッパーカバー外し

ウィンカーの2極コネクター。

ライブディオのヘッドライトアッパーカバー外し

はい、これで外れましたね。

ライブディオのヘッドライトアッパーカバー外し

外れると、メーターケーブルやブレーキケーブル、アクセルメンテ、ウィンカーリレーなど、かなりのメンテナンスができる。

けっこー埃が溜まって汚くもなっているので、一度水洗いしておくとイイのではないだろーか。

さて、次の回では、アクセル戻り不良をいよいよ直して行きます。

ではでは。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
8 投票 · 13 回答
回答

原付バイクのどんなプラグでも確実に緩める、外す、装着することが確実に行える、ガッチャも絶大な信頼を置いているプラグレンチの決定版!


TOP