シグナスXとSR(SE12J)のフロントパネルの取り外し方法をレクチャー

今回入庫ののシグナスX(SE12J)ですが、そう言えば、まだフロントパネル脱着レクチャーをやってなかったなー と思い、今回やってみよーと思います。

レクチャー数もこれだけ増えて来ると、なにをやったか?なにをやってないか?を把握するだけでも大変です。

控え画像は膨大な数なので、余裕で3年は継続しなければ終わらない量です。

気が遠くなりますね。

ムリなくだらだらやって行こうと思っています。

シグナスX(SE12J)

この作業ですが、シグナスXSRシリーズSE12Jを個体としてやっています。

他の型式は、形状が違うので、ま、そのうちやります。

パーツリストをみてみよう。

シグナスXのフロントパネル外しパーツリスト

納得行かないのは、このフロントパネルと称しているパーツですが、パーツリスト上では「モール1」と記載があります。

なんだよ、モールって。

そんなネーミングじゃ、誰にも理解してくれないでしょう。

シグナスXのフロントパネル外し

インナー側に留まる#2プラスビスを外します。

これだけです。

シグナスXのフロントパネル外し

ビス形状はこちらですが、この長さが重要です。

これ以上長いビスをぶち込むとフロントパネルに穴が空きますんで気をつけて。

シグナスXのフロントパネル外し

あとは引っ張るだけです。

シグナスXのフロントパネル外し

ツメの形状をよく見るとわかりますが、上に上げるでもなく下に下げるでもなく、進行方向に引っ張るのが正解です。

シグナスXのフロントパネル外し

これで離脱しました。

中には、どーんとホーンがあり、ここが重要ポイントなんですが、メインヒューズが配置されています。

なんでこんなところにあるんだよ!って感じですが、ちょうど、このヒューズボックスの真裏がバッテリーボックスなんです。

だからって、フロント側に配置すること無いと思うんですが、ま、不便な作りですね。

ではでは。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
8 投票 · 13 回答
回答
TOP