修理クルーに電話する
出張修理ご予約方法がわかる!

ガッチャ・テクニカルブログ

シグナスX125 記事一覧

シグナスXの駆動系バラシ方法

シグナスX125について

通勤用のスクーターとして、走行性能ともに、経済性の高さ、道具としての利便性をあわせもつスクーターとして開発されたモデル。コンセプトは「タフネス・コンフォート・コミューター」だった。メッキシリンダーを採用した124ccの空冷4スト単気筒SOHC4バルブエンジンには、無段変速機と前後12インチタイヤが組み合わされていた。2007年10月には、環境対応のためにフューエルインジェクションを搭載した2008年モデルを発売し(2代目)、2013年にはテールランプをLED化するなどした3代目が登場した。なお、初代シグナスX登場の翌年にはスポーティバージョンのシグナスX SRが登場し、販売の中心は徐々にSRへと移行していった。2015年にシグナスX SRの4代目が発表されたとき、そこに「シグナスX」の文字はなかった。その後、2015年から2018年モデルまでは、シグナスX SRでモデル進行したが、2019年モデルが発表されたとき、車名から「SR」の文字がなくなり、再び「シグナスX」となった。2018年モデルのシグナスX SRがチェンジするかたちで「再登場」ということになったシグナスXの2019年モデルは、外観を中心に変更を受けていた。LEDヘッドライトの採用でシャープなフロントマスクを得たほか、フロントボックスに充電用の12V・DCソケットが装備されていた。

新品タイヤ
シグナスX125

つるつるタイヤのシグナスXを直す 5/5 (1)

暑いんだが、寒いんだか、洋服の選定が難しい季節です。 バイク乗りにとっては、ちょーどイイ季節なのではないでしょーか。 特に原二乗りのユーザーは、かっ飛ばしてキモチイイと思います。

Read More »
シグナスXタイヤバースト
シグナスX125

四ッ谷駅@シグナスXのタイヤ交換 5/5 (1)

バイク屋が  黒い  と思われる理由のひとつに、「現状販売」という言葉の存在があります。 現在の状態での販売物 という意味合いかと思われます。 もちろん、わたし自身も、現状販売 という便利な言葉はたくさん使って来ました。

Read More »

ガッチャの出張修理バリエーション

New POST

ベンリィ90のキャブ洗浄
エンジンがかからない

【マニュアル】ベンリィ90(ギヤ車)アクセルを回すとエンストする症状をキャブ洗浄でバッチリ直す技!

一般的にマニュアル車というのかな? ギヤ付きバイクのこと? 最近は、原付バイクも、オートマ・マニュアル車というのかわかりませんが、クラッチが付いたギヤ付きのCD90、いわゆるベンリィ90(HA03)が入庫。 久々にギヤ車

Read More »

Popular POST

Keyword