修理クルーに電話する
ガッチャLINE公式アカウント
LINE登録してお問い合わせ
出張修理ご予約方法がわかる!

ガッチャ・テクニカルブログ

【マニュアル】やっとこさ裸にできる!アプリオのメットインボックスを外してキャブメンテに進む! 4/5 (1)

アプリオのメットインボックス脱着法
ガッチャ・テクニカルサービス
ガッチャ・テクニカルサービス

ネット広報部(大谷っち)

  • Home
  • ブログ
  • 【マニュアル】やっとこさ裸にできる!アプリオのメットインボックスを外してキャブメンテに進む!

とにかくヤマハのスクーターはイジりにくいです。

確か、2スト時代にはホンダより1.5倍増しぐらいの修理費を貰っていた記憶があります。

2ストバイクは、そもそも、エンジンが掛からない、止まると行った案件は、キャブなど給排気系に問題があることが多く、ホンダはその辺りがむき出しのため、すぐに原因にたどり着くことが出来ました。

ストレスが無いので、鼻歌で作業ができたモノです。

スズキも比較的カンタン。

問題はヤマハです。

サイドカバー→キャリア→ボディカバー→メットインボックス→ステップと外さないとキャブにたどり着けないのがムカつくんすよねー

バラバラに外したにも関わらず、フレームがイヤなところに走っていて、手が完全に入らないことも多く邪魔しやがる。

仕事が詰まってることも多く忙しい最中、作業中に浴びせる独り言とも言える、ヤマハというメーカーに対する罵声は、この仕事に携わった方であれば、想像がつくことでしょう。

今だにその頃のイメージが消えず、ホンダとのOEMは、最も嬉しいニュースでした。

このテクニカルブログでも、外装外しから順を追って書いているわけですが、やっとこさ、キャブが露出するところまで行ったのが、今回のアプリオです。

今回、満を持してメットインボックス脱着法をやってみたいと思います。

アプリオは大きく分けて、4種類あります。

アプリオ(4JP)アプリオEX(4LV)アプリオタイプⅡ(4LV)アプリオ後期型(SA11J)です。

ナチュラルだとか、特別仕様車など、いろいろと細かいグレードは存在したのですが、装飾パーツの違いなので割愛します。

今回のメットインボックス外しは、全てのグレードで共通です。

まず、前回、ボディカバー外しをやったところからとなります。

現状、こんな状況かと思います。

まずはインナーの底部マットを外します。

アプリオのメットインボックス脱着法

これを剥がすと、意外ときったねーので、ついでに掃除しておくとイイでしょう。

アプリオのメットインボックス脱着法

底部を見ると、前方に2本の10mmネジが留まっています。

これを外します。

その脇に留まるプラスビスは、バッテリーボックスを留めるビスなので、外さなくてOKです。

アプリオのメットインボックス脱着法

バッテリーも前回の作業で取り外していると思うので、そのバッテリーボックス下に装着されているセルリレーを取り外します。

ゴムでハマっているだけなので、前方に引っ張れば外れます。

アプリオのメットインボックス脱着法

こんな感じで外しておきます。

あとは、オイルタンクです。

オイル補給口脇に、10mmネジで留まっています。

これを外します。

ただし、これを外すとオイルタンクが倒れるので、フレームと紐やゴムバンドなどで留めておくことをおすすめします。

あとは上に引き上げるだけです。

これでメットインボックスが離脱しました。

やっとこさ、キャブ辺りが見えて来ましたね。

ただ、見えただけで、作業にはまだつらいのがわかりますよね?

そうです、ステップです。

ステップが邪魔なので、次回はステップを外してみたいと思います。

ではでは。

 
 

 

 

今回の記事はどーでした?

New POST

ズーマーXのエアフィルター交換法
アクセルを開けると止まる

【マニュアル】ズーマーXの燃費が落ちて来たと思ったら迷わず!エアクリーナーメンテナンスをしてみよう!

ズーマーX・・・イマイチ売れてないですね。 街中で見かけないですし、ウチにもほっとんど修理に入って来ない ってことは、販売台数がやたら低いことが見受けられます。 タイホンダ製ということもあり、いろいろと日本に合ってない作

Read More »
レッツ4シリーズのウィンカーテール球交換法
ウィンカー点滅がおかしい

【マニュアル】ほんとはめっちゃシビアな!レッツ4シリーズのFRウィンカー球&テール球の交換法

コンパクトスクーターの代名詞でもあるレッツ4ですが、やはり、おばちゃんたちに人気です。 大きなカゴを前と後ろにくっつけて、スーパーに所狭しと並んでいるのを見ると、やっぱり乗りやすいんだなー と思います。 わたしは常々ユー

Read More »
タクト2スト

【マニュアル】トラッドタクト・スタンドアップタクト(AF24)のプラスドライバー一本で出来る!フロントカバー脱着法

このタクトも売れたんですよねー スタンドアップタクトという俗称もあります。 スタンドにモーターが付いており、キーを回すと、モーターの力で車体を持ち上げセンタースタンドをしてくれる装備です。 グレード別で、全車標準ではない

Read More »
プラグキャップの不具合でエンスト
BJ

【マニュアル】エンストの原因がプラグキャップとは!エンジン不動時に絶対確認すべきプラグキャップ浮き

今回は、全車種に起こりうるトラブル。 プラグキャップがパッカパカになってしまった時の、プラグキャップ交換法をやってみたいと思います。 このトラブル、環境性によって、だいぶ変わります。 起こりやすい状況もあれば、一生起こら

Read More »
アドレスV100のエアクリメンテ
アクセルを開けると止まる

【マニュアル】コツひとつで劇的にやりやすくなる!アドレスV100のエアクリーナーを外してエレメント交換する方法

今回紹介するアドレスV100ですが、なにがやりにくいって、一番厄介なのがエアクリーナーから、キャブに繋がる作業ではないでしょうか。 2ストのキャブ車ですから、ちょっと調子を落とすとキャブレター洗浄をする必要に見舞われます

Read More »
レッツⅡのバッテリー交換法
ZZ

【マニュアル】面倒なキックスタータはもう不要!レッツⅡ・ZZをキュルルン!セル一発始動のバッテリー交換法

キックで一生懸命スターティングしているユーザーを見かけるのですが、セルでエンジンを掛ける方が数倍楽ちんですよね。 聞いてみれば、「セル効かなくなったんでキックしてます」とお答えを頂きます。 欠落した機能(故障)を解決をし

Read More »
ライブディオのマフラー外し法
エンジンがかからない

【マニュアル】ライブディオシリーズ(AF34/35)のマフラー脱着法とマフラー詰まり判断方法

今でこそ、4サイクルエンジンを積んだ原付バイクしか存在しないので、マフラーが詰まってしまってエンジン不動・・・やら、MAXスピードが出ない などと言うようなトラブル自体も存在しなくなりました。 4スト原付バイクのマフラー

Read More »
アクシストリートのメットインボックス脱着法
アクシストリート125

【マニュアル】アクシストリート(SE53J)の5分で完了する!メットインボックス脱着法をレクチャー

今回のマニュアルは、原付二種のアクシストリート125(SE53J)のメットインボックス外しをやってみたいと思います。 テクニカルブログも各車種の外装パーツ外しだけでも、かなりの記事数になりましたね。 メンテナンスは、まず

Read More »

Popular POST

blog calender

2023年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
アーカイブ

Keyword