【マニュアル】4ストなズーク!バイトのフロントカバーをパカっと割って取り外してみる!

さて、今回は希少車です。

ホンダのバイト(AF59)です。

4ストズークなどと一部では呼ばれており、ホンダらしい遊び心があった、今はもう希少車となりました。

一定数は売れたとは思いますが、中古車市場でバンバン見かけるよーなもんではありません。

今回の作業は、このバイトのフロントカバーを外してみたいと思います。

車両を構成するフォーマットは、ほとんどズーマーやスクーピー、スマートディオなどと代わりありません。

とゆーのは、エンジンが一緒なんですよね。

つまり、水冷4ストバイクで、定評のあるエンジン。

メンテもしやすく、乗りやすい特性で、ひじょーに丈夫です。

機関が同じなら、バッテリーやプラグなども一緒ですが、外装に関してはそれぞれで違うのは当たり前。

同じフレームフォーマットでよくぞここまで違う車種郡を作ったもんですね。

バイトのフロントカバー外し

まずは正面の#3プラスネジを外します。

バイトのフロントカバー外し

インナー側に廻り、ちょうどセンターに#3プラスネジがあるので、これを外します。

それぞれ、プラスドライバーの大きさは#3になりますので、大きいプラスを使って下さいね。

バイトのフロントカバー外し

ステップのちょうどつま先辺りに#2プラスネジが留まっています。

左右両側で留まっているので、それぞれ外します。

バイトのフロントカバー外し

右側のカバーから外して行きます。

メインキー側です。

力を入れる際は、左側を引っ張るというよりも、矢印のように左右に開くようにすると変な力が入らなくて外しやすいと思います。

バイトのフロントカバー外し

メインフレームを隠すようにカバーされているのがわかりますね。

バイトのフロントカバー外し

燃料警告灯のコネクターが繋がっているので完全には外れません。

バイトのフロントカバー外し

ちょっと見たことないよーなコネクターですが、構造は一緒。

ツメを押しながら引っこ抜きます。

バイトのフロントカバー外し

これでコネクターが外れ、左側カバーが離脱できました。

バイトのフロントカバー外し

あとは右側のカバーを離脱させます。

バイトのフロントカバー外し

はい、これで完了!

ズーマーやスマートディオなんかと同じく、コンビブレーキシステムやメインキー、ケーブル類など所狭しと詰まっています。

よくぞこれだけのパーツ郡を、あのちっちゃい細っこいフロントカバー内に入れることができたもんですよね。

つくづく、ホンダの凄さとゆーか、執念とゆーか、モーターサイクルスピリッツを実感できるのが、こうした分解作業をして、中身を垣間見た時ですよね。

すばらしー日本のメーカーと誇りに思いますね。

ではでは。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
9 投票 · 16 回答
回答

硬いネジや舐めそうなネジを浸透力で確実に回せるようになる原付メンテの必需品!


TOP