修理クルーに電話する
出張修理ご予約方法がわかる!

ガッチャ・テクニカルブログ

2stディオのクラッチドリブンフェイスがサビサビでヤバイ!パーツ交換なしで直すコツ! 5/5 (2)

クラッチドリブンフェイスのサビ落とし
ガッチャ・テクニカルサービス
ガッチャ・テクニカルサービス

ネット広報部(大谷っち)

  • Home
  • ブログ
  • 2stディオのクラッチドリブンフェイスがサビサビでヤバイ!パーツ交換なしで直すコツ!

こうしたテクニカルブログを書いていると、これを見たというお客様が信頼なさって、古めの原付バイクをご依頼してくるケースが多々あります。

その期待にはもちろん、応えたいと思っているのですが、なにぶん、古いバイクはパーツが出るか?バラして致命傷だったら?など、リスクが伴います。

今回、入庫のスーパーディオ(AF27)も、バラしてびっくり!

ほぼ、駆動系がサビで固まっている状態でした。

今回も女性のお客様ということもあり、メカニカルな部分はまったく知識がなく、押し歩き時に後輪がやたらと重たいということが、あまり伝えられなかった印象です。

現着で、ブレーキ確認は固着なし。

あとはギアか、クラッチか と思っていたが、駆動系がひどかったわけですね。

ま、でも、ギアじゃなくて良かった。

もっと面倒ですからね。

ということで、まずは、エンジンには火が入っているようなので、駆動系を先に直して、工場の中を軽く押し歩きできる状態にしちゃわないとなりません。

このクラッチ系作業ですが、ディオの2スト系は、ほぼほぼ対応します。

ディオ、ディオSR、スーパーディオ、スーパーディオSR、スーパーディオZX、ライブディオ、ライブディオSR、ライブディオZX とあとは、流用パーツを使っている、タクトやジョルノなども同様です。

クラッチドリブンフェイスのサビ落とし

クラッチシューはむしろ無傷。

まったく問題ないというか、状態はイイ方でしょう。

ただし、フェイスがひどい。

クラッチドリブンフェイスのサビ落とし

これでは、ギアチェンジしません。

というか、サビがヤスリ状態になって、ベルトを削ってしまうでしょう。

中古品をあさったのですが、あんまりイイ部品が無いので、分解してサビ落としを行うことにしました。

クラッチドリブンフェイスのサビ落とし

クラッチ押さえ?という工具です。

本名、なんだっけかな・・・クラッチホルダーコンプレッサーとでも言うのかな?

クラッチスプリングが、クラッチを広げようとしている力がかかっているので、これを抑える役割です。

 

クラッチドリブンフェイスのサビ落とし
クラッチドリブンフェイスのサビ落とし

あんまりギューギューっと抑えつけなくて大丈夫です。

クラッチドリブンフェイスのサビ落とし

万力に挟み込んで、クラッチナットを外します。

created by Rinker
デイトナ(Daytona)
¥2,493 (2022/11/29 11:05:49時点 Amazon調べ-詳細)

クラッチドリブンフェイスのサビ落とし

スプリングを抑えておかないと、このナットを外した瞬間にびよーん!って分解します。

クラッチドリブンフェイスのサビ落とし

これで、クラッチを分解させます。

クラッチドリブンフェイスのサビ落とし

次に、このスプリングの皿受け部分を引き上げます。

マイナスドライバーなどを使った方がイイかもです。

クラッチドリブンフェイスのサビ落とし

スプリング皿受けが取れます。

すると、グリースが詰まった斜めに入った穴が見えるはずです。

クラッチドリブンフェイスのサビ落とし

ここです。

これ、溝になっているのですが、グリースが詰まっているだけなのです。

クラッチドリブンフェイスのサビ落とし

この溝をなぞるように、ポッチがハマっているので、これを外します。

プライヤーでカンタンに外れます。

クラッチドリブンフェイスのサビ落とし

すると、フェイスが外れ、サビ落としができるようになります。

クラッチドリブンフェイスのサビ落とし

ある程度は機械を使って、あとは手で紙ヤスリを使って擦ります。

もちろん、新品交換が望ましいのですが、あのクラッチシューの減り方からすると、走行距離が短いと判断できます。

ならば、フェイスもサビているだけで、もともとはイイ状態だと思うので、ここはサビ落としを選択したということです。

クラッチドリブンフェイスのサビ落とし

最終的に、このぐらいまでサビが落ちれば、ベルトも傷めることも無ければ、変速もスムーズに行われます。

これで一週間も走り回ると、驚くほどキレイになってるので、あとは摩擦がなんとかしてくれるでしょう。

この後、もちろんベルト交換と、プーリー側の掃除をして、組み上げて完了しました。

やはり、なかなか調子の良いスーパーディオだったらしく、最高速63km/hはコンスタントに出ていました。

まだまだ、2ストディオも、直すと元気がイイですね。

それでは、また。

 
 

 

 

今回の記事はどーでした?

New POST

ベンリィの渋いキック戻り解消法
キックレバーが固い

【マニュアル】ベンリィ(スクーター)キックが戻らない現象をスコン!っと気分よく復活させる技

今回はメンテナンスマニュアルです。 とゆーか、このブログを書く方向性が、DIYメンテマニュアルそのものになりました。 とゆーのは、ハウツーブログを書きたいから、こーなったのではなく、あまりにも原付ユーザーの機械音痴が目立

Read More »
ジョルノ4のセンターカバー外しからのプラグ交換
エンジンがかからない

【マニュアル】ジョルノ4の信号待ちでストンと落ちる現象はプラグ交換で解消するかも!?

さて、今回はメンテナンスマニュアルです。 信号待ちでストンと落ちてしまう現象のジョルノ4なのですが、まずはまずはのプラグ交換方法をやってみたいと思います。 そして、このプラグ交換ですが、必然的に、センターカバーという外装

Read More »
ベンリィのプラグ交換法
エンジンがかからない

【マニュアル】ベンリィ(スクーター)エンジン不動をプラグ交換からコンディションUP▲

最近の傾向として、出張修理を依頼するケースも、多種多様となりました。 一般のお客様はもとより、特徴的なのは、フードデリバリーを副業としてライフスタイルに取り入れている原付ユーザーもとても多くなりました。 今回のエンジン不

Read More »

Popular POST

Keyword