アプリオ・ジョグ・ビーノ対応!信号待ちでガクガクしてエンストしちゃうトラブルはココが悪いぞ!

エンスト・・・エンジンストップの略称です。

エンコ・・・エンジン故障の略です。

今回の修理案件はエンストです。

気持ちよく走って来て、信号待ちになったら、トトトトト・・・ストン。

とエンジンが落ちる時があります。

特に、ヤマハ、スズキに多く見られる現象で、リアブレーキをかけると、ガクガクと振動を伴ってエンストしてしまう現象。

これは、クラッチに原因があることがあります。

今回、この現象を起こしているのが、アプリオ(SA11J)

アプリオ 4JP

女性のお客様でしたが、エンストしてしまうと、そりゃ、エンジンが壊れてる!と思ってしまうのは当然です。

少々焦り気味のお電話だったのですが、他にも点検したい部分とテストを行って欲しいということもあり、今回はお引き上げ修理としました。

まず、バラすのが、当然ながら駆動系。

アプリオの信号待ちでエンスト

開けると、原因がベルトの切れかけでないことは一目瞭然でした。

アプリオの信号待ちでエンスト

クラッチ付近を見ると、やはり、スプリングが詰まっているのがわかります。

アプリオの信号待ちでエンスト

なんやねん!これ!

とお思いでしょうが、これがクラッチシュースプリングです。

クラッチシューとクラッチハウジングを留めておくカスガイでもあります。

このスプリングが切れると、クラッチは繋がりっぱなしになり、つまり、それは、ギアが入りっぱなしの状態となってしまいます。

マニュアル車をイメージして下さい。

一速が入っている状態でクラッチを踏まないとエンストしますよね?あれと一緒です。

created by Rinker
グロンドマン(GRONDEMENT)
¥1,032 (2024/02/23 17:43:22時点 Amazon調べ-詳細)

アプリオの信号待ちでエンスト

しかも、ちょっと金属が焦げるような匂いもしているので、これは相当長い期間、クラッチが繋がりっぱなしで走り回っていたのが想像つきます。

アプリオの信号待ちでエンスト

今回中古交換しようとした左が中古良品のモノ。

右が今回車両についていたモノ。

ひどいクラッチシューの減り方ですね。

ここまで減ったらもう加速もへったくれもありません。

アプリオの信号待ちでエンスト

あらためてケースの中を掃除してみると、3本中2本が切れてました。

これは、切れた2本だけじゃなく、3本とも新品交換します。

組み上げて試乗確認すると、かなり古い車種ではありますが、2ストエンジンだけあって、かなりイイ加速をします。

まだまだ現役で行けそうです。

エンストしても、エンジンに故障が無い場合は多々あります。

ぜひ、ご相談頂ければと思います。

ではでは。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
8 投票 · 13 回答
回答

原付バイクのどんなプラグでも確実に緩める、外す、装着することが確実に行える、ガッチャも絶大な信頼を置いているプラグレンチの決定版!


TOP