【マニュアル】猿でもできる!BW’S125のセンターカバーの外し方

珍しい車種が入庫してきました。

ヤマハのBW’Sという名称が聞いたことがあるでしょう。

そのBW’Sの125ccモデルが存在しているのは、皆様、ご存知でしょうか?

今回は、このBW’S125(SEA6J)タイプのセンターカバー外しをやってみたいと思います。

BW'S125(SEA6J)

そもそも、大々的に日本で売られたスクーターではなく、台湾需要。

つまり逆輸入車と思って頂ければイイと思います。

各部に日本らしくない構造が見受けられるのも、ヤマハならではのグローバルな車種展開です。

リフレッシュパック案件として入庫して来たのですが、プラグ交換をする過程で、センターカバーを外さなければなりませんので、ちょっとマニュアル化してみました。

早速やってみましょー

BW'S125のセンターカバーを外す

まず、ステップ後方部の#2プラスビスと、シート下のビスを外す。

BW'S125のセンターカバーを外す

もちろん反対側もね。

BW'S125のセンターカバーを外す

これで外れます。

ただし、ツメがハマっているので、コツとしてはヒンジ部あたりから下に力を入れてあげよう。

BW'S125のセンターカバーを外す

ボディカバーにハマるツメが勝手に外れてくれる。

ここは、昔っから、パッカパカツメのヤマハらしい。

BW'S125のセンターカバーを外す

すると、中からエンジンヘッドが露出する。

フレームの流し方が、いかにも外車って感じがする。

BW'S125のセンターカバーを外す

プラグキャップも丸見えですね。

次回、プラグ交換をやってみたいと思いますので、そのうちに。

ではでは。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
8 投票 · 13 回答
回答

硬いネジや舐めそうなネジを浸透力で確実に回せるようになる原付メンテの必需品!


TOP