【マニュアル】初期型アドレス110のエアエレメント交換するとエンジンすこぶる好調になる!

さて、今回はメンテナンスマニュアルです。

アクセルを開けるとエンジンが止まる という修理依頼でお電話があったお客様の車両が、アドレス110(CF11A)となります。

いろいろ原因はあります。

まして、2スト時代のバイクとなると、さまざまな要因が考えられ、絞ることができないので、引き上げ修理にしちゃいました。

アドレス110(CF11A)

ひとまず、エアエレメントの状態を確かめて、作業のメニューを決めていこうと思っています。

エアエレメントは、エアクリーナー内に装着されているため、空気の取り入れ口です。

バイクのコンディションを測る上で、ある程度指標となる消耗品だと思われます。

まずは、エアクリーナーボックスカバーを外します。

アドレス2スト110のエアエレメント交換

#2のプラスビスが5本留まっていますので、これを外します。

アドレス2スト110のエアエレメント交換

ボックスカバーを外します。

すぐにエレメントが露出します。

アドレス2スト110のエアエレメント交換

たしかに汚い。

特にホコリだの枯れ草などが入り込んでいてすごいですね。

ただ、油っぽくは無いので、エンジンに問題は無さそうです。

created by Rinker
キタコ(KITACO)
¥1,021 (2024/02/23 22:37:19時点 Amazon調べ-詳細)

スポンジがしっかりしているようなので、今回は、交換ではなく洗浄で行くことにしました。

ガソリンを溜めたトレイにエレメントを浸して、揉み洗いしただけです。

アドレス2スト110のエアエレメント交換

最後に、エアクリーナーオイルを塗布して完了。

スプレータイプなので、カンタンに塗ることができます。

ひとまず、エアエレメントを外した状態で、エンジンを掛け、溶剤をキャブに吹きかけて混合気の通りを良くしたら、エンジンが止まることは無くなりました。

意外とデリケートですね。

原因は、つまり、エアエレメントの汚れによるキャブの微小ゴミ詰まり。

って感じでしょうか。

キャブ洗浄メニューが出ると高いですが、エレメント交換ぐらいだと最低料金内でできました。

ではでは。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
8 投票 · 13 回答
回答
TOP