【マニュアル】リード50/90の大きなメットインボックスを外してエンジンメンテナンスに進む!

春のイベント続きでなかなか修理が進んでおりません。

ガッチャはただのバイク修理屋じゃなく、開発系のものづくりプロジェクトにも参加しており、メカニカルな部分でいろいろと協力しており、その新製品などのお披露目などにイベントにも顔を出しております。

4~9月ぐらいまでわんさとイベントが入っており、ちょっと気合入れないとです。

入庫しているお引き上げ修理もお時間を頂戴しておりますが、がんばって夜中までやっていますので、しばしお待ち下さいね。

今回はリード50/90(AF20/HF05)のメンテナンスをやってみましょー。

さすがに見なくなりましたね。

令和にこのリードをたまーに見かけると、「おっ!」とか思っちゃいますね。

ただ、その大半が、「ゴー!ウィーン!」って変な金属音がしているのは、クランクベアリングが劣化して音を立てているんですね。

しっかり直したい衝動には駆られますね。

そこで、そうしたエンジンメンテナンスにも繋がる、とゆーか、儀式のように事前にやらなければならない作業、メットインボックス外しを今回やってみたいと思います。

この作業、リード50&リード90 いずれも対応可能。

同じパーツを使っていますので、作業になんら変わりありません。

必要な工具は10mmレンチは必須ですね。

リード50_90のメットインボックス分解法

まずシートオープンします。

縦型エンジンとは思えないボックス内部の広さですね。

リード50_90のメットインボックス分解法

まずはオイル給油キャップを外します。

リード50_90のメットインボックス分解法

ゴム製のオイル受けも外しておくと後で楽です。

このオイル受けは、往々にしてきったねーので、ガソリンでキレイにしておきましょーね。

リード50_90のメットインボックス分解法

底部に2本の10mm袋ナットがあります。

これを外し、さらにちょい上、センターカバーと留まる、赤○のマイナスネジがあるので、これも外します。

リード50_90のメットインボックス分解法

シートロック脇の2本の10mm袋ナットを外します。

そのちょい後ろに、赤○のプラスネジを外します。

こちらは8mmソケットでも回すことができるネジです。

リード50_90のメットインボックス分解法

あとは上方に引き上げるだけ。

シートごと引っ張って外しちゃいましょう。

リード50_90のメットインボックス分解法

でっかいですねー

メンテエリアがでっかく広がりましたので、エンジンメンテナンスとゆーか、オーバーホールもできちゃう広さですね。

バッテリーやプラグ交換、配線類やマフラー外しなど、ほんとにメンテナンスの基本は、メットインボックス外しからと言われる所以ですね。

どんどん今後、メンテナンスを進めて行きましょう。

ではでは。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
10 投票 · 17 回答
回答
TOP