修理クルーに電話する
出張修理ご予約方法がわかる!

ガッチャ・テクニカルブログ

【マニュアル】ビーノ4がエンストする原因のキャブレターを分解洗浄してみる 4.5/5 (2)

ビーノ4のキャブ分解洗浄
ガッチャ・テクニカルサービス
ガッチャ・テクニカルサービス

ネット広報部(大谷っち)

  • Home
  • ブログ
  • 【マニュアル】ビーノ4がエンストする原因のキャブレターを分解洗浄してみる

今回はメンテナンスマニュアルです

このビーノ(SA26J)のその、キャブレターのメンテナンスを進めてみたいと思っています。

前回、車体からキャブを下ろすところまでやりました。

今回はその下ろしたキャブを分解洗浄するわけですが、ミクニ製のキャブレターということもあり、複雑です。

んー デリケート とも言えます。

少しでもジェットにゴミが付着するだけでも調子を落とすのが特徴的なので、しっかり分解を理解し、洗浄して頂きたいと思います。

ビーノ(SA26J)

まずはスロットルチャンバーを外していきます。

作業工程が多いので駆け足で行きますんで。

ビーノ4のキャブ分解洗浄

まず、上部の2本のプラスネジを外します。

ビーノ4のキャブ分解洗浄

バネがびよよーんって飛び出て来ます。

無くさないように。

ビーノ4のキャブ分解洗浄

もはや、4ストビーノのキャブも経年数もあってヘタっている可能性が大なので、スロットルバルブを外すときは、ゴムを切らないように慎重に外しましょう。

ビーノ4のキャブ分解洗浄

ニードルもキレイに拭き取りましょうね。

ビーノ4のキャブ分解洗浄

チョークカバーを外します。

ビーノ4のキャブ分解洗浄

チョークを留めるアングルネジを外します。

ビーノ4のキャブ分解洗浄

チョークを引っこ抜くのですが、ココもパッキンがへたっている可能性がありますので、ゴムパッキンが切れたら交換しないとなりません。

ビーノ4のキャブ分解洗浄

次にフロートチャンバーを外します。

4本のプラスネジを外します。

ビーノ4のキャブ分解洗浄

外れると、なんだか緑色に腐ってますね。

色は重要じゃないんですが、とにかく、ガソリンが腐るとやたらと臭いニオイが立ち込めます。

洋服や手袋は、一度付くと厄介ですので、むしろ素手で作業を進めた方がイイと思います。

ビーノ4のキャブ分解洗浄

このバネが付いたスロットル開度による、アイドルジェット構造。

正直、意味がわかりません。

なにが重要なのか、なにが正常なのか、ごめんなさい、はっきり言うと勉強不足で、この構造の恩恵が不明です。

ビーノ4のキャブ分解洗浄

ま、とりあえず、動きがイイようなので、放っておきます。

ビーノ4のキャブ分解洗浄

チャンバー部側にマイナスドライバーで外せるジェットがありますよね。

これが、アイドルジェットになります。

アイドリングが安定しないときは、このジェットが詰まっている時です。

アクセルを全開にしないとエンジンが始動しないような時は、ここを疑いましょう。

ビーノ4のキャブ分解洗浄
ビーノ4のキャブ分解洗浄

これまた、不可解な構造。

ジェットがあって、バネがあって、ボールが入ってる。

ひとまず、パーツは無くさないようにして、導通を確かめ、ジェットや穴はしっかり通しておきましょう。

ビーノ4のキャブ分解洗浄

次に、フロートを取るのに、プラスネジを外します。

ビーノ4のキャブ分解洗浄

うっすら緑っぽくなっているので、溶剤をティッシュに浸して10分ぐらいくっつけておくとカンタンに取れるだろう。

ビーノ4のキャブ分解洗浄

これがフロートバルブ。

シルバーの部分よりも、黒いゴム部を重点的にキレイにしておくのがイイだろう。

もちろん、穴の方もキレイにしておこう。

ビーノ4のキャブ分解洗浄

次に、メインジェットを7mmのスパナで外す。

ビーノ4のキャブ分解洗浄

ジェットが取れると、下部にちっこい穴が無数に空いているのがわかりますかね?

このちっこい穴もすべて導通していないと吹け上がりに影響する。

溶剤にぽちょんと漬け込んで、キレイにしておこう。

ビーノ4のキャブ分解洗浄

この乳白色のカバーが、またよくわからない。

スロージェットが被っているのだが、スローがWであるタイプなので、これまた厄介だ。

ビーノ4のキャブ分解洗浄

マイナスドライバーで一方を外す。

ビーノ4のキャブ分解洗浄

これで洗浄すべきパーツは外れた。

フロートチャンバーに溶剤を溜めて、すべてごっそりと漬け込み洗いがイイだろう。

もちろんキャブ躯体もキレイに。

ビーノ4のキャブ分解洗浄

あとは、外したように組み付けて完了。

ま、結果、装着してみて、まだ中域の吹け上がりが良くなかったので、再度、外して、再度洗浄したのだが、なんだか、デリケートなキャブだ。

原付中、一番、厄介なキャブレターとも言える、ビーノ4のミクニキャブ。

一度、分解洗浄に挑戦してみてはいかがだろうか!

ではでは。

今回の記事はどーでした?

New POST

ベンリィの渋いキック戻り解消法
キックレバーが固い

【マニュアル】ベンリィ(スクーター)キックが戻らない現象をスコン!っと気分よく復活させる技

今回はメンテナンスマニュアルです。 とゆーか、このブログを書く方向性が、DIYメンテマニュアルそのものになりました。 とゆーのは、ハウツーブログを書きたいから、こーなったのではなく、あまりにも原付ユーザーの機械音痴が目立

Read More »
ジョルノ4のセンターカバー外しからのプラグ交換
エンジンがかからない

【マニュアル】ジョルノ4の信号待ちでストンと落ちる現象はプラグ交換で解消するかも!?

さて、今回はメンテナンスマニュアルです。 信号待ちでストンと落ちてしまう現象のジョルノ4なのですが、まずはまずはのプラグ交換方法をやってみたいと思います。 そして、このプラグ交換ですが、必然的に、センターカバーという外装

Read More »
ベンリィのプラグ交換法
エンジンがかからない

【マニュアル】ベンリィ(スクーター)エンジン不動をプラグ交換からコンディションUP▲

最近の傾向として、出張修理を依頼するケースも、多種多様となりました。 一般のお客様はもとより、特徴的なのは、フードデリバリーを副業としてライフスタイルに取り入れている原付ユーザーもとても多くなりました。 今回のエンジン不

Read More »

Popular POST

Keyword