2024年3月1日より受付電話番号を廃止し、全ての修理予約は公式LINEからとなりました。

【マニュアル】2ストアドレス110初期型(CF11A)の大きなボディカバーを外してみよう!

今回作業する、このアドレス110(CF11A)ですが、当時の原付二種として、かなりイイ線行っておりました。

いわゆるクルーザー系スクーターに位置しており、より長い距離を走るのに適したライディングポジションが、今のPCXなどに通ずるモノがあります。

言ってみれば、リード100やスペイシー100とは違う路線でしたよね。

その独特なデザインから、ファンは多くおり、いまだにそのスタイリングは通用するモノでもあります。

画像見ても古くないもんね。

現状販売されているアドレス125やアヴェニス125なんかに比べても、全然売れる要素を含んでいると思います。

さて、今回はリア廻りで大きくカバーリングするボディカバーを外して行こうと思います。

2ストアドレス110のボディカバー脱着法パーツリスト

これは初期型モデルのパーツリストです。

ボディカバーは、パーツ名称が「カバー、アッパ」となっていますが、とんちんかんな名称付けやがって と思いません?

「アッパ」っていっぱいあるやん!誰にでも部位がわかるよーにネーミングせーや! って思います。

とゆーことで、このパーツ名称は誰がなんと言おうと「ボディカバー」に決まってんだろ!という考えのもと、ガッチャは貫き通します。

前回、サイドモールカバーを外した中に、ボディカバーとステップ、ボディカバーとアンダーカバーを留める#2プラスビスがあるので、これを合計2本外します。

ちなみに、前方に見える電装パーツがレギュレターです。

タンデムステップを開くと、隠したアンカークリップがあります。

これはプッシュタイプなので、真ん中のぽっちを押すとフリーになります。

次に、ステップボードと留まる#2プラスビスだが、反対側も外します。

マフラー付近にも、アンダーカバーと留まる#2プラスビスがあります。

反対側も外します。

さらに、アシストグリップ奥に5mm六角ネジが2本留まっているので、これを外します。

このアシストグリップは、車体左側のみしか付いていません。

あとは、アンダーカバーをボディカバーから剥がします。

これも両側やっておきましょう。

ボディカバーとステップボードの接点は、外側に剥がすように外すとすんなり行きます。

あとは後方にズラすように大きなボディカバーを動かします。

テールユニットの9極コネクターを外します。

これで離脱しました。

テール廻りは一切、ネジ類が留まっていないことがわかりましたね。

裸にしてみると、こんな感じです。

さほど重要パーツは存在しないのですが、シートロック廻りの不具合には対応できそうですね。

あとはオイルタンクの強引な形状設計がびっくりですね。

センサーはかなりステップ側にあるので、オイル漏れなどは、外部からわかりにくいかも知れません。

次はステップですかね。

ではでは。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
20 投票 · 48 回答
回答

硬いネジや舐めそうなネジを浸透力で確実に回せるようになる原付メンテの必需品!


TOP