2024年3月1日より受付電話番号を廃止し、全ての修理予約は公式LINEからとなりました。

【マニュアル】トリシティ125(SE82J)のセンターカバー外しからのバッテリー交換法をレクチャー

近々モビリティショーもあるようで、未来のバイク、クルマの話題が尽きませんね。

このトリシティも、ちょっと前までは未来のバイク的要素を含んでおりました。

ヤマハが特に力を入れているのが、転ばないバイク です。

補助輪的なモノを使うプロトタイプがあるようですが、転びにくいバイク があるとすれば、スリーターであり、このトリシティではないでしょうかね。

バイクが転ぶ時って、そもそもフロントが滑って転ぶケースが大半です。

その安全対策として、コンビブレーキがあり、ABSがあるわけですが、そもそも、フロントに2輪を装備していれば、転びにくいことこの上ないのは、誰しもが理解できることでしょう。

ただし、機構が複雑になり、かなりコストもアップすることもあり、各社こぞって ということでは無いようです。

イマイチ普及はしない感じの流れになって来ましたね、暗雲です。

さほど売れていないのも伺えますし、開発は進めて欲しいですが、ユーザーを置いてけぼりでも仕方ないので、なんとか持ち堪えて欲しいとは思っているんですが・・・

さて、そんなトリシティ125(SE82J)ですが、朝晩はちょっと寒くなって来ましたので、夏の疲れがバッテリーにも現れる頃。

そこで、センターカバー外しからのバッテリー交換法をレクチャーしてみたいと思います。

トリシティですが、初期型がSE82J→モデルチェンジしてSEC1J→排ガス規制でSEK1J となっています。

今回の個体はSE82Jとなります。

早速パーツリストをチェックしてみよう。

トリシティ125のバッテリー交換法パーツリスト
トリシティ125のバッテリー交換法パーツリスト

センターカバーのパーツ名称は、「カバー」です。

ちょっと寂しくね、そのネーミング。

バッテリーに関しては、標準装備がYUASAのようです。

トリシティ125のバッテリー交換法

まずはシートオープンします。

ガソリンタンク脇に目をやります。

トリシティ125のバッテリー交換法

両脇に#2プラスビスが留まっていますので、これを外します。

トリシティ125のバッテリー交換法

ビス形状です。

トリシティ125のバッテリー交換法

次に、ステップですね。

いや、ほんとに狭いステップですね、つくづく。

この#2プラスビスを2本外します。

トリシティ125のバッテリー交換法

ステップビスは、錆びやすいので、もしサビくれている場合は交換するとイイでしょう。

トリシティ125のバッテリー交換法

この辺りを持って、進行方向に引っ張ります。

トリシティ125のバッテリー交換法

ボディカバーにハマるツメ、サイドモールにハマるツメが取れるはずです。

トリシティ125のバッテリー交換法

これでセンターカバーが離脱します。

トリシティ125のバッテリー交換法

中にはドーン!と真っ赤なバッテリーが入っておりました。

これは、台湾YUASA製のTTZ7V型ですね。

標準型のYTZ7Vは、真っ黒ボディです。

それと、省略してしまいましたが、バッテリーバンドが付いていますんで。

トリシティ125のバッテリー交換法

このバッテリーの大きさは、YTZ7S と変わりないのですが、容量が違うんですよね。

YTZ7V の方が容量が大きく、重たいバッテリーになります。

ま、コストを考えて、どちらかお好きなほうを入れるのがイイんではないでしょうかね。

ではでは。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
20 投票 · 48 回答
回答
TOP