修理クルーに電話する
出張修理ご予約方法がわかる!

ガッチャ・テクニカルブログ

【マニュアル】ズーマーのセルが回らないトラブルをバッテリーメンテナンスを行い交換するか判断する 5/5 (1)

ズーマーのバッテリーメンテナンス
ガッチャ・テクニカルサービス
ガッチャ・テクニカルサービス

ネット広報部(大谷っち)

  • Home
  • ブログ
  • 【マニュアル】ズーマーのセルが回らないトラブルをバッテリーメンテナンスを行い交換するか判断する

ズーマー(AF58)はいつでも修理入庫していると言って過言ではありません。

こんな骨組みみたいな原付バイク、よくぞ受け入れた貰えたなー というのが率直な意見です。

時代が求めていたんでしょうね、こーゆーマルチビークル的な未完成領域を残す機械製品を。

今の時代に繋がる、独自性という要素を持っている点がウケた部分かと思っています。

カスタマイジング心を持たせたところもハマりましたね。

そして、出回っている車種だけに、トラブルもその数だけあります。

その中でエンジン始動性トラブルを抱えるユーザーはひじょうに多いのではないかと思います。

その大半は、バッテリーメンテナンスに要因があるのですが、まずは、このバッテリーが悪いのかどうかを判断する部分から解説してみたいと思います。

ズーマー(AF58)

ズーマーは、2タイプあります。

型式は一緒ですが、キャブレタータイプの前期型 と インジェクションタイプの後期型ですが、バッテリー交換作業の流れも一緒なので、どちらにも対応します。

このバッテリーメンテンナンス作業だが、インナーカバーを外す必要性があり、この作業は過去の作業でやっている。

一応、復習の意味も兼ね、再度、インナーカバー外しからやってみよう。

ズーマーのバッテリーメンテナンス

右側の2本の#2プラスネジを外す。

さらに、反対側。

ズーマーのバッテリーメンテナンス

同位置に2本留まっているので、これも外す。

ネジはこれだけだ。

ズーマーのバッテリーメンテナンス

下部のフロントカバー部のツメをかわしてシート側に引き剥がす。

ズーマーのバッテリーメンテナンス

キーとランプが引っかかると思うので、うまくかわして剥がして欲しい。

外れるとバッテリーが露出する。

バッテリーのプラス端子カバーを外してみよう。

ズーマーのバッテリーメンテナンス

ツマミをかわして上方に引っ張ることで外れる。

バッテリー交換の場合は、そのままこのアングルを外すことになるが、まずはバッテリーが元気な状態なのかどうかを判断してみよう。

ズーマーのバッテリーメンテナンス

電圧計というモノをプラス・マイナス端子に押さえる。

赤いコードと黒いコードがあるので、それぞれ間違わないようにあてる。

ズーマーのバッテリーメンテナンス

すぐに電圧がチェックできる。

テスター(電圧計)の使い方わかるかな?

スイッチを入れ、「V」というところに合わせると、ACDC(交流直流)ボルトチェッカーという機能に切り替わり、対象物の電圧を計ることができる。

この機能はテスターならば必ずあるので心配いらない。

今の表示だと、「8.06V」を指している。

これは、12Vのバッテリーが放つ電圧の13Vを大きく下回ることになる

ズーマーの場合は、セルモーターではなく、クランクをジェネレーターマグネットで回す方式を取っているが、ここではカンタンにセルと言っておくが、このセルを回すのに、約12.1V以上が必要になる。

つまり、8V程度ではセルどころか、ウィンカー(10W)も点滅させる電流を流すこともできない力量ということになる。

状況としては、バッテリーは死んでいる。

この状態が確認できたならば、バッテリー交換は確実に必要になるわけだ。

少しの手間だが、このテスター電圧計で一度計ってみてそれからバッテりーを購入するという流れでも、遅くはないし、ムダにすることは無いかも知れない、とてもイイ方法であると覚えておいて欲しい。

では、この先、バッテリー交換の作業に戻ってみよう。

ズーマーのバッテリーメンテナンス

まずは、バッテリーアングルを確認。

ズーマーのバッテリーメンテナンス

このバッテリー押さえアングルの10mmネジを外す。

ズーマーのバッテリーメンテナンス

これでバッテリーが外れます。

型番は、YTZ7S となる。

created by Rinker
メガパワー
¥2,980 (2023/06/10 01:38:58時点 Amazon調べ-詳細)

意外とポピュラーなバッテリーであるので、社外品でもかなり安価に出回っている。

適切なモノを探し出して購入してみよう。

ではでは。

今回の記事はどーでした?

New POST

チューブパンクのパッチ修繕法
タイヤホイールが回らない

【マニュアル】パンクを直す!ディオ初期型(AF18)などチューブタイプ原チャリのパッチゴム修繕法

AI技術や対話型chatGPTなど、生産ラインなどにもAI技術が投入されることでこれまで人海戦術をロボット化する傾向にあります。 人手不足のために導入するところもありますが、リスク回避という面でも、ヒューマンエラーが皆無

Read More »
グランドアクシスのクランクケース脱着法
グランドアクシス

【マニュアル】グランドアクシスの駆動系をイジる!=その1=複雑そうなクランクケース脱着法を理解する

先日入庫したグランドアクシス(SB01J)の駆動系、特にリア駆動ギアシステムに「ゴー」音が出て来たので、オーバーホール案件が入った。 この車種、駆動系をイジるのは、ハッキリ言って厄介です。 工程が多いんです。 画像点数が

Read More »
アプリオのキャリア外し法
アプリオ

【マニュアル】超絶カンタン!アプリオ(4JP・4LV・SA11J)の荷台キャリアを外す2ステップを最短コースで解説

ヤマハの定番スクーターで今だ人気があるのが、このアプリオだ。 もうめっきり数も減った感はあるが、尖ったデザインのジョグとは対象的に、女性的な丸みを持ったコンパクトで上質を売りにしたジョグの兄弟車が、このアプリオだ。 ジョ

Read More »
アドレス110(2スト)のFカバー脱着法
アドレス2スト110

【マニュアル】2スト原ニを令和にイジる!アドレス110初期型(CF11A)の最短フロントカバー脱着法

ココんところ、4スト原二の入庫率が高く、修理に明け暮れているわけなんですが、試乗すると、その俊敏さに驚かされることが多くなりました。 一昔前にあった、2スト原二の加速感を彷彿とする加速を見せるようになって来ました。 これ

Read More »
セピア(レッツⅡ顔)のバッテリー交換法
ウィンカー点滅がおかしい

【マニュアル】セピア(CA1EA)のレッツⅡ顔が存在した!後期型だけが違うバッテリー交換方法

スズキ・セピアは、若者はもう、その名前すら知らないでしょう。 一世を風靡したスズキの定番スクーターだったのですが、セピアとそのスポーツバージョンのセピアZZが存在しました。 長きに渡り定番スクーターに君臨していたのですが

Read More »
ジョーカーのRホイール外しとブレーキシュー交換法
キャビーナ50/90

【マニュアル】ジョーカー・リード・キャビーナ・ブロードの50/90ccに全対応のリアホイール外し+ブレーキ交換法

前回のレクチャー記事で、ジョーカー50/90のマフラー外しをやりました。 このマフラーを外すという作業自体、マフラー交換時を除くと、単独で外すケースはそうそうありません。 しかし、リアタイヤ・ホイールのメンテナンス、つま

Read More »
レッツⅡのアッパーカバー外しとヘッド球交換法
スズキ

【マニュアル】ヘッドライト切れは即キップ!レッツⅡヘッドライトアッパーカバー外してハロゲン球交換せよ!

先日、お客様からのご依頼があったのは、ヘッドライトが切れているので交換しに来て欲しい・・・というご依頼でした。 しかし、残念ながら、ガッチャの出張修理サービスは、あまりにもカンタンな緊急性の無いトラブルには対応しておらず

Read More »

Popular POST

blog calender

2023年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
アーカイブ

Keyword