修理クルーに電話する
出張修理ご予約方法がわかる!

ガッチャ・テクニカルブログ

【マニュアル】アドレス110(2スト)のフロントパネル取り外し方法 ※評価していません

アドレス110のFパネル取り外し
ガッチャ・テクニカルサービス
ガッチャ・テクニカルサービス

ネット広報部(大谷っち)

  • Home
  • ブログ
  • 【マニュアル】アドレス110(2スト)のフロントパネル取り外し方法

さて、今回はメンテナンスマニュアルです。

久々に入庫したアドレス110(CF11A)があったので、いろいろとマニュアル化してみました。

今回の作業は、フロントパネルの取り外し方です。

フロントパネルとは、このアドレスの場合、ヘッドライトがハンドルではなく、下方に位置しているタイプなので、フロントカバーとは言いません。

フロントカバーは、ヘッドライトがくっている部分を指すので、今回は、その上部に付いているちっちゃいパネルカウルです。

これをフロントパネルと言います。

この作業、後にやるバッテリー交換作業をリンクしているので、再紹介はする予定です。

バッテリーの他にも、ケーブル類の交換や、電装系パーツの交換、また、キートラブルの際にも、必ず外す作業となりますので、やっていて損はないと思います。

とは言え、アドレス110の2スト自体が希少車ですけどね、もはや。

アドレス110のFパネル取り外し

#2のプラスビスが2本留まっていますので、これを外します。

なんか奥まっているので、ちょっと外しにくい感がありますね。

長いビットを使うと便利かも知れません。

アドレス110のFパネル取り外し

ハッキリ言って、留まっているのは、この2本のビスのみ。

あとは、ツメの形状通りに外すと、上方に押し出すような力で外して行きます。

アドレス110のFパネル取り外し

アッパーカバーのツメ穴はこんな感じです。

カギ状になったツメなので、装着する時は前方に押し出すように付けるのが正解です。

アドレス110のFパネル取り外し

これで完了。

カンタンですね。

開けてみると、深いんですよー。

ムダっちゃムダなスペース。

ただ、このデザインは今のロングランスクーターに通ずるデザインということもあり、いまだ、愛車として乗り回しているユーザーにも好評ですね、古くないって。

ただ、そんなデザインとは裏腹に、トラブルはひじょーに多い車種なので、中古個体にはじゅーぶん気をつけない車種ですよ。

created by Rinker
STANLEY(スタンレー)
¥1,074 (2022/08/09 03:45:41時点 Amazon調べ-詳細)

今回の記事はどーでした?

New POST

ジョグ4のバッテリー交換方法
アクセルを開けると止まる

【マニュアル】ジョグ4ストのバッテリー交換方法

さて、今回はメンテナンスマニュアルです。 ヤマハの定番スクーター、ジョグ。 このジョグは、4サイクルになってから、マイナーチェンジを数回行っており、型式が、SA36J→SA55J→SA57J とチェンジしています。 その

Read More »
V50の放置復活修理
アドレスV50

V50の放置復活パック案件でスピードメーター上がらず

放置した原付バイクを復活させる修理プランがあります。 ガッチャでも人気の修理プランなのですが、この放置パックで入らない修理内容はどうなるのか不思議ですよね? 今回、そんなケースがありましたので、ご紹介したいと思います。

Read More »

Popular POST

Keyword