【マニュアル】ジョルカブの車体番号と型式認定番号はココにあるぞ!

今回は、メンテナンスマニュアルとなります。

ジョルノというレトロ系スクーターと、カブのエンジンを一つに合体させた、遊びゴコロがある、ホンダの素晴らしさ!

それが、ジョルカブ(AF53)だ。

よく作ったなー という感じ。

今の時代なら信じられないお金の使い方だと思う。

ジョルカブ(AF53)

ただ、こうしたおもしろいバイクでの取り組みは、ホンダのおもしろさが出ており、個人的に大好きである。

ズークやカブラ、ズーマーなんかも、そのホンダの遊びゴコロから生まれた名車だ。

スクーターのステップに無理やりギアチェンジペダルを配置したもんだから、そりゃ、乗りにくいのなんの。

でも、そんなことより、そんなバイクがおもしろいだろ!というスピリッツがイイですよね。

さて、そんなジョルカブなんですが、今回は車体番号と型式認定番号の場所をレクチャーしようと思う。

ジョルカブの車体番号と型式認定番号

まず、覗き込むのは、この辺り。

ステップ左下という感じだろうか。

わりと、膝を付いて見上げる必要性がある。

ジョルカブの車体番号と型式認定番号

フレームに耳が付いており、そこに打刻されています。

AF53-○○○○○○○

とあるはずだ。

これが、ホンダ・ジョルカブの車体番号となる。

言い方を変えての車台番号も同様の意味だ。

次に、型式認定番号だ。

ジョルカブの車体番号と型式認定番号

今度は場所を変えて、フェンダー後ろにメインフレームが走っているのがわかるかな。

ここにアルミステッカーが貼ってある。

ジョルカブの車体番号と型式認定番号

ここに、Ⅰ-1667 と記載があります。

これが、ジョルカブの型式認定番号となる。

車体番号と型式認定番号だが、新規登録や名義変更の際に必要になります。

書類に記載のあるままではなく、一度、現車のフレーム番号の打刻と差異が無いかという確認は必要かも知れません。

それでは。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
10 投票 · 17 回答
回答

原付バイクのどんなプラグでも確実に緩める、外す、装着することが確実に行える、ガッチャも絶大な信頼を置いているプラグレンチの決定版!


TOP