CATAROG

原付バイクカタログ

レッツⅡ(CA1PA)

レッツⅡ【CA1PA】

profile

1999年、モデルチェンジ。スズキのラインナップ整理を受けて主力モデルの一角と位置づけられ、また同年施行された平成10年自動車排出ガス規制対応による装備強化(及び標準装備の充実化)によってこれまでの廉価路線から一転、他車モデルとの競合価格帯程度まで販売価格が引き上げられた。
しかし、ユーザーに受け入れられず、これまでの人気モデルから一転、Lets’Ⅱは販売が低迷し不人気モデルと化した。翌年、同ベースのスポーツタイプ、ZZが発売された。
コンビニフックの装備やキャリアにも使えそうなハンドグリップは、スタンドをかけるときに掴みやすく便利な仕様となっている。
メインキーに設けたシャッター機能など、盗難抑止効果の確実性を上げているのも、バイクを所有する上で安心材料といえる。

weak point

spec

型式BB-CA1PA
発売年月1999/3
仕向け・仕様国内向けモデル
全長×全幅×全高 (mm)1670×605×995
ホイールベース (mm)1140
最低地上高(mm)100
車両重量 (kg)72
燃料消費率(1)(km/L)59.0
測定基準(1)30km/h走行時
原動機型式A196
原動機種類2ストローク
冷却方式空冷
排気量 (cc)49
2スト・吸気形式ピストンリードバルブ
内径(シリンダーボア)(mm)41
行程(ピストンストローク)(mm)37.4
圧縮比(:1)7.2
最高出力(PS)6.1
最高出力回転数(rpm)6500
最大トルク(kgf・m)0.69
最大トルク回転数(rpm)6000
燃料供給方式キャブレター
燃料タンク容量 (L)5.5
満タン時航続距離(概算・参考値)324.5
エンジン始動方式セルフ・キック 併用式
点火装置C.D.I.式
点火プラグ標準搭載・型式BPR5HS
エンジン潤滑方式分離給油(2スト)
クラッチ形式乾式・多板・遠心
変速機形式Vベルト式・無段変速
変速機・操作方式自動変速
1次減速比3.400
2次減速比3.428
動力伝達方式ベルト
フレーム型式パイププバックボーン
キャスター角24°35′
トレール量 (mm)63
ブレーキ形式(前)機械式リーディングトレーリング
ブレーキ形式(後)機械式リーディングトレーリング
懸架方式(前)テレスコピックフォーク
懸架方式(後)スイングアーム式
タイヤ(前)3.00-10 32J
タイヤ(後)3.00-10 32J
ホイールリム幅(前)2.15
ホイールリム幅(後)2.15
ヘッドライト定格(Hi)40W/40W
テールライト定格(制動/尾灯)18W/5W

 

コメントを残す