2024年3月1日より受付電話番号を廃止し、全ての修理予約は公式LINEからとなりました。

CATAROG

原付バイクカタログ

アドレスV100(CE13A)

アドレスV100【CE13A】

profile

アドレスV100は1991年に発売され、車体の設計はアドレスV50Tuneをベースとして、販売価格を19万9,900円に設定、当時は他社同型より性能が上だった2ストローク100ccのエンジンの瞬発力、原付一種並の小型で軽量な車体による取り回しや、駐輪スペースを取らないなど、都市近郊における通勤用途として活躍するヒット車となった。
その後は、集中キーシリンダーの採用、コンビニフック、センタースタンドロック機構、エンジン廻りの改良、不評だった発進直後の加速の鈍さをクラッチ変更で改良。
マフラーの改良などの数々の変更を重ね、他社に対抗するためアドレス110を販売したり、数年に一度はV100の特別仕様車を販売したりしたものの、モデルチェンジは行われなかった。
発売当時の外装や装備を保っただけでなく、当初の19万9,900円という販売価格のまま10年以上も販売し続けるという、日本のスクーターとしては例を見ない車両であったが、環境規制により2ストロークエンジンの使用が難しくなったため、後継車種のアドレスV125に引き継がれることになり、2005年5月で最終型「BD-CE13A型」の生産を終了。6月末にメーカーラインアップから外され、14年間の歴史に幕を下ろした。
なおアドレスV100は生産終了までの14年間での累計国内販売台数は21万台で、いわゆる「二種スク」(原付二種スクーター)というジャンルを確固たる地位に築き上げた。

manual

マニュアル_ブレーキマスターメンテ法
マニュアル_ブレーキマスターメンテ法
マニュアル_フレーム番号
マニュアル_フレーム番号
マニュアル_バッテリー交換法
マニュアル_バッテリー交換法
マニュアル_駆動系メンテナンス
マニュアル_駆動系メンテナンス
マニュアル_フロントカバー脱着法
マニュアル_フロントカバー脱着法
マニュアル_Fバスケット装着法
マニュアル_Fバスケット装着法
マニュアル_サイドモールカバー脱着法
マニュアル_サイドモールカバー脱着法
マニュアル_マフラー脱着法
マニュアル_マフラー脱着法
マニュアル_荷台キャリア脱着法
マニュアル_荷台キャリア脱着法
マニュアル_エアクリーナーボックス脱着法
マニュアル_エアクリーナーボックス脱着法
マニュアル_エアフィルター交換法
マニュアル_エアフィルター交換法
マニュアル_駆動系メンテナンス
マニュアル_駆動系パーツ分解法

created by Rinker
バイクパーツセンター(Bike Parts Center)
¥4,175 (2024/06/20 23:04:26時点 Amazon調べ-詳細)

weak point

spec

型式BD-CE13A
発売年2001/9
全長×全幅×全高 (mm)1745×635×1015
ホイールベース (mm)1240
最低地上高(mm)110
車両重量 (kg)90
乗車定員(名)2
燃料消費率(km/L)43.0 国交省届出(60km/h走行時)
原動機型式134E
原動機種類2ストローク
冷却方式空冷
排気量 (cc)99
2スト・吸気形式リード弁式・ピストン弁式
内径(シリンダーボア)(mm)52.5
行程(ピストンストローク)(mm)46
圧縮比(:1)6.5
最高出力(kW)6.6/6000rpm
最高出力(PS)9/6000rpm
最大トルク(N・m)11/5500rpm
最大トルク(kgf・m)1.1/5500rpm
燃料供給方式キャブレター
燃料タンク容量 (L)6
燃料(種類)レギュラーガソリン
満タン時航続距離(概算・参考値)258.0
エンジン始動方式セルフ・キック 併用式
点火装置C.D.I.式
点火プラグ標準搭載・型式

BPR6HS

搭載バッテリー・型式

YTX5L-BS

エンジン潤滑方式分離給油(2スト)
クラッチ形式乾式・多板・遠心
変速機形式Vベルト式・無段変速
変速機・操作方式自動変速
1次減速比2.500
2次減速比3.133
動力伝達方式ベルト
フレーム型式パイプレス
キャスター角25°20′
トレール量 (mm)68
ブレーキ形式(前)油圧式ディスク
ブレーキ形式(後)機械式リーディングトレーリング
懸架方式(前)ボトムリンクフォーク
懸架方式(後)スイングアーム式
タイヤ(前)

100/90-10 56J

タイヤ(後)100/90-10 56J
ヘッドライト定格(Lo/Hi)

12V35/36.5W

テールライト定格(制動/尾灯)

12V18/5W

車両装備:ヘルメット収納
車両装備:キャリア
TOP