川口市@アプリオのボアアップ

さて、本日、第二弾の出張修理は、数日前にお預かりしていたアプリオの修理納車です。

お預かりした車両、必ず配送致します。

当たり前か。

テイクアウト修理

お引き上げ修理

もちろん、ガッチャは、現場での出張修理だけではなく、持ち帰りでのテイクアウト修理も行なっております。

しっかり、工場で落ち着いて整備メンテし、お客さま宅に、またお届けする流れです。

お客さまがご自宅に居ながら直るコトに変わりありません。

ぜひ、そんなしっかりした修理をご希望ならば、他店にマネの出来ない経験値で、完璧に直します。

アプリオタイプ2

今回のアプリオのお客さま、駆動系などにも手を入れているよーで、少しムリをして回し過ぎてしまったみたいです。

焼き付いているコトは、現場で確認して明確で、ついでに、ボアアップをしてみたいとのコト。

もちろん、原付免許ではダメですよ。

その辺り、しっかりとお客さま自体が把握しておいて頂けないと、組み付けるコトは出来ません。

しかも、部品の用意は、お客さま側で。

当社は、組み付けのご依頼を承るという形となります。

まー 改造うんぬんの話しは、大人の事情がありますんで、察して下さいね。

ボアアップキット

キットは、デイトナ製ですね。

シリンダーを見る限り、めいっぱいの肉薄状態ですね。

熱には耐えられないかもです。

熱ダレしてくると、パワーダウンは起こるでしょう。

これが、原付バイクの限界です。

さて、分解してみると、ピストンはこんな感じ。

アプリオタイプ2のピストン

ピンは抜けて、ピストンのスカートはおっ欠けて、クランク室にて粉砕している様子。

これは、予想以上にひどい。

そこで、クランク室をガソリンとオイルの混合物で洗浄するコトにしましたが、鉄粉がスゴイのなんの。

このままだったら、腰下もすぐにダメになっちゃうトコロでした。

ボアアップキットも組み終わり、滞り無く、エンジン始動

エンジン始動

異音も出ておらず、さすが、わたし! という感じです。。。

自画自賛も時折やって、ココロに栄養を与えております。。。

ま、こんなカスタムパーツの組み付けですか、セッティングは別です。

今回は、おまけで、メインジェットは付けましたが、あくまでおまけ。

まずは、ご相談を。

gear-line50.png

今回の修理データ

エリア:埼玉県・川口市
バイク:ヤマハ・アプリオタイプ2(4LV)
トラブル:エンジン焼き付き
作業時間:約240分
作業難易度:★★☆☆☆

gear-line50.png

修理ケース

ケースカテゴリー

NEW!修理マニュアル記事

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

原付ユーザーアンケート

あなたの原付トラブル症状は?
158 投票 · 257 回答
回答
TOP