バチン!っと大きな音がして進まなくなったトゥデイはベルト切れでスタック

どーもベルト切れの疑いのあるご依頼です。

トゥデイ(AF67)がバチン!と大きな音が走行中になって、その後、車輪が回らなくなったようです。

ほぼ確実にベルト切れ案件ですね。

出張先は千葉県柏市。

常磐道で70~80分で到着しました。

1月の半ばに来ると、外環が混み始めて来て、毎度毎度同じ場所で渋滞ですね。

しっかし、トラックが多いですね。

出張修理を始めた時は、こんなに首都高にトラックは走って無かったように思います。

と言うのは、請負トラックは、軽油代も安かったし燃費は下がっても高速代をケチって下道をトコトコ走ったもんなんですけど、今は翌日配送時代ですから、そーも言ってられなくなったんでしょうね。

あ、それとね、トラックの運ちゃんのアオリ運転は、凄まじく多かったですね。

過去にどれだけ道路上で取っ組み合いの喧嘩したか数え切れません。

今はねー それをやると録画されてるし、即逮捕ですからね。

昔は楽しかったですわ。

さて、現着して作業ですが、お客さんは居ません。

トゥデイの出張ベルト交換

不在修理ですけど、メットインの中にお金を入れておいて貰ってるので、原因が特定できる修理だと、これが出来るからお互いムダがありませんね。

開けてみると、バッチンって感じですね。

トゥデイの出張ベルト交換

ちゃんと下に養生してから作業しないと、街を汚してしまいます。

トゥデイ系はベルトは、純正品か国産ブランドのモノを使う方が得策ですね。

すぐ切れますから。

ホンダ系はベルトにテンションがかなり掛かってるので、よく切れます。

同じ症状でお悩みのユーザー、どうぞご依頼下さい。

今回の修理詳細

修理内容:出張ベルト交換
修理費:22.000円
出張エリア:千葉県柏市

修理ケース

ケースカテゴリー

NEW!修理マニュアル記事

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

原付ユーザーアンケート

あなたの原付トラブル症状は?
158 投票 · 257 回答
回答
TOP