草加市@スーパーディオのフレームトラブル

今回の事例も、とても珍しいケース。

草加のお客さまからのご依頼で、スーパーディオが、アクセルを開けると止まってしまう

とゆー症例。

アクセルONで止まるディオ

スーパーディオ

当初、キャブレター関連のトラブルかな~ って思いましたが、現着して、いろいろチェックしてみると、どーやら違う様子。

通常、そーしたカンタンな事例の場合、オイル漏れが起きていたり、マフラーからオイルがだらだら出ていたり、外から見てわかるモノ。

でも、キレイなんです。

これは、変だぞ。

むむむ!すんごいシャコタン。

明らかに、Rサスペンションの沈み込みがおかしー。

ぺったんこになってる。

よくよく見てみると、タイヤの脇がかなり擦っている様子。

これは・・・

このコトから推測されるに、おそらく、フレームとエンジンの間に通っている、ガソリンライン、オイルライン、ハーネスラインが、ギャップなどのサスペンションの沈み込みで挟んでしまっているのでは!?

お持ち帰りで、調べてみると、明らかにエンジンブッシュがおかしー。

タイヤの脇

タイヤも脇が擦りまくりで、いつバーストしてもおかしくないレベル。

エンジンブッシュ交換

もちろん、タイヤ交換し、ブッシュも修理。

これで、ガソリンラインの挟み込みが直りました。

フィルター、プラグ、キャブとひと通りやって、試乗テストを何回か繰り返してみても、止まる様子もありません。

修理完了です。

かなり、今回は気づいてラッキーという事例でした。

夜にお客さま宅に配達でしたが、少し早めに着いてしまったので待っていると、キレイな奥さまと一緒に帰宅され、羨ましい限りです。

お客さま

写真も快くお引受け頂き、イイ笑顔です。

そして、働く男!って感じです。w

今回はありがとうございました。

gear-line50.png

今回の修理データ

エリア:埼玉県・草加市
バイク:ホンダ・スーパーディオ(AF27)
トラブル:エンジントラブル
作業時間:約40分
作業難易度:★★★☆☆

gear-line50.png

修理ケース

ケースカテゴリー

NEW!修理マニュアル記事

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

原付ユーザーアンケート

あなたの原付トラブル症状は?
158 投票 · 257 回答
回答
TOP