修理クルーに電話する
出張修理ご予約方法がわかる!

ガッチャ・テクニカルブログ

出張するも修理断念! 5/5 (1)

バッテリー電圧
ガッチャ・テクニカルサービス
ガッチャ・テクニカルサービス

ネット広報部(大谷っち)

出張修理サービスをやってると、技術的に面だけではなく、諦めなければならない場合もあります。

今回の事例もそうです。

修理断念という決断も時に幸

我々修理業者がどこまでも技術を追求して、修理、復活させるコトは可能なんです。

それがどんな故障であろうと。

ただし、そこにはコストという壁があります。

今回の出張修理のケースがそれ。

ライブディオ(AF34)にお乗りのさいたま市のお客様、エンコ(エンジン故障)により、お困りのご依頼。

現場到着

現着すると、明らかに経たりが伝わりました。

バッテリー電圧

バッテリーの電圧は、11.8Vと、平常時の13Vに遠い数値。

これは、死んでます。

プラグ不良

キー接点不良

2ストバイクですから、エンジンがかかる、かからないは、バッテリーに依存はしませんが、プラグやメインキーの接点不良を疑ってみても、ダメ。

エンジンはかかろうとはするが、アイドリングしない状況。

キャブもあまり出張現場ではバラしたりはしないのですが、念のためチェックしてみるが、一度オーバーホールの必要性がありそうな感じ。

ただ、ここで相談。

これ以上の修理をする車体的価値がありますか? いつも、これをお客様には問答します。

あくまで我々の判断ではなく、お客様の判断を仰ぎます。

本日のお客様の場合は、これ以上の修理を断念するとの判断。

ライブディオ

いろいろと判断材料は与えて、決めていただきましたので、出張費用とここまでの作業工賃を頂き、今回は終了するコトと致しました。

修理に踏み込むには、やはり、ある程度の年式が必要ですね。

実感したケースでした。

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

今回の記事はどーでした?

New POST

ベンリィの渋いキック戻り解消法
キックレバーが固い

【マニュアル】ベンリィ(スクーター)キックが戻らない現象をスコン!っと気分よく復活させる技

今回はメンテナンスマニュアルです。 とゆーか、このブログを書く方向性が、DIYメンテマニュアルそのものになりました。 とゆーのは、ハウツーブログを書きたいから、こーなったのではなく、あまりにも原付ユーザーの機械音痴が目立

Read More »
ジョルノ4のセンターカバー外しからのプラグ交換
エンジンがかからない

【マニュアル】ジョルノ4の信号待ちでストンと落ちる現象はプラグ交換で解消するかも!?

さて、今回はメンテナンスマニュアルです。 信号待ちでストンと落ちてしまう現象のジョルノ4なのですが、まずはまずはのプラグ交換方法をやってみたいと思います。 そして、このプラグ交換ですが、必然的に、センターカバーという外装

Read More »
ベンリィのプラグ交換法
エンジンがかからない

【マニュアル】ベンリィ(スクーター)エンジン不動をプラグ交換からコンディションUP▲

最近の傾向として、出張修理を依頼するケースも、多種多様となりました。 一般のお客様はもとより、特徴的なのは、フードデリバリーを副業としてライフスタイルに取り入れている原付ユーザーもとても多くなりました。 今回のエンジン不

Read More »

Popular POST

Keyword