修理クルーに電話する
出張修理ご予約方法がわかる!

ガッチャ・テクニカルブログ

代車をゴロゴロエンジンのレッツⅡエンジンオーバーホールで作った件 4.75/5 (4)

レッツⅡのエンジンオーバーホール
ガッチャ・テクニカルサービス
ガッチャ・テクニカルサービス

ネット広報部(大谷っち)

  • Home
  • ブログ
  • 代車をゴロゴロエンジンのレッツⅡエンジンオーバーホールで作った件

この商売をやってると、ダメ処分バイクが溜まります。

ほっとんどがクランクベアリングがやられているゴーゴーをうるさいエンジン音の原付バイクです。

ガッチャは修理の際に代車はお出ししていません。

ですが、長年やってると常連さんが増えて来て、そーも言ってられない状況になって来てしまっています。

そこで、溜まったダメ処分バイクを時間を見て復活させて、代車にでもしよーかと思っています。

そこそこキレイな外装ということもあり、今回はレッツⅡ(CA1PA)のエンジンオーバーホールをやって代車化しよーかと考えています。

レッツ2 (CA1PA)

ま、今回の記事、特にマニュアル化はしていませんので、ダラっと流し見して頂ければと思っています。

正直、エンジンオーバーホールのマニュアル化は、画像点数も多く、解説レクチャーが多くて作りにくいってのはあります。

詳しいことが知りたいユーザーもおられるでしょうが、ま、そこは正式なメーカーマニュアルでも見ながらゆっくり進めて下さい。

我々修理屋のオーバーホールは、2、3手先のことをやりながら進めて行くので、見ていてちんぷんかんぷん的なところもあるので。

あ、まずは、この代車にしよーとしているレッツⅡですが、今、どんな状態か!?っちゅーと、ひどいもんです。

エンジンかけると、ゴー!ゴロゴロ!ウォーン!ウォーン!ってな感じです。

文字にすると面倒なので、動画で聴いてみて。

うっさいでしょー?

でも、意外とユーザーはこの轟音に気づかずに乗っているんですよね。

人のバイクと比べて明らかにうるさいと思う場合は、一度ご相談頂いたほうがイイかもね。

では、早速、作業開始。

まず、エンジン外して、車体を吊ります。

レッツⅡのエンジンオーバーホール

これも、工場じゃないとなかなかできることでは無いですよね。

なにせ腰が痛いんで、出張案件以外は、地面で仕事はやりません。

全部、台の上でやりたいんです、おっちゃんは。w

画像では、もうすでにエンジンが車体から外れていますね。

レッツⅡのエンジンオーバーホール

シリンダーカバーやら、イグニッションやら、外して行きます。

レッツⅡのエンジンオーバーホール

ダイナモ部分です。

特殊工具が必要なんですが、引っ叩けば取れる場合もありますよね。

これマグネットになってるので、細かいネジやらくっつけておくと無くさないですよ。

レッツⅡのエンジンオーバーホール

シリンダーやら、タイヤから、駆動系からひととおり外したので、あとはカチ割り作業です。

クランクリムーバーとでも言うのかな?そんなような専用工具を使います。

クランクシャフトを軸として、ケースをネジの力で引き抜く工具です。

分解時には、ほんとーになんの注意点もないですね。

ただ、まっすぐなモノは、まっすぐなまま、分解を心がけましょう。

レッツⅡのエンジンオーバーホール

粉砕まではしていませんでした。

これがベアリング左右です。

シャフトの両側に付いてくるか?ケースに残ったままで外れるか?は、運次第です。

ケースに残ったら、きみは運がイイぞ!w

あ、たまにベアリングの着脱時に加熱したりする人が居ますが、不要です。

ベアリングのボール部に良くないので、絶対に常温でやりましょう。

レッツⅡのエンジンオーバーホール

台湾製のシリンダーピストンキットがあったので、試してみます。

5~6千円で手に入りましたが、どーなんでしょうね。

バリもそんなにあるわけじゃなく、わりとモノはイイように思います。

レッツⅡのエンジンオーバーホール

ガスケットやピストンリング、ピストンピンまで入ってて、この価格、この品質だと、かなりイイですね。

ただ、ピストンとシリンダーのクリアランスがキツい感じがします。

ピストンを入れる時に純正はこんなにキツかったかなー って思いました。

ま、どっちみち、純正でもスズキのシリンダーピストンはひどい品質ですし、むしろこの台湾製のほうがイイぐらいですし、出力すれば御の字でしょう。

レッツⅡのエンジンオーバーホール

今回交換したパーツ類。

オイルシールは代車なので、再利用しました。

よく見るとわかりますが、ピストンはスゴイ傷でしょ?

さっきの始動性具合でも、こんなピストンですし、いつ止まったっておかしくない状態ですよ。

この個体、走行距離15000kmですよ?

怖い品質ですよ、スズキ。

この個体に限ったことではなく、オーバーホールするスズキ車は、ほぼほぼピストンに傷が入っています。

修理に携わるモノ、スズキは買わない という所以です。

それでは、最後に、修理後のエンジン音を聴いてみましょーね。

キレイなエンジン音になりましたね。

ただ、なにせ台湾製のシリンダーピストンキットですから、しっかりと慣らし運転は必要です。

いきなしフル加速、最高速巡航なんてしたら、再度焼き付きますんで。

まずは、オイル交換して、ヤマハ純正オイルを使うのがコツです。

これで代車が一台できました。

常連さんには不便をおかけしないで済みますね。

ではでは。

今回の記事はどーでした?

New POST

ヴェクスター125のマフラー外し
ヴェクスター125

【マニュアル】ヴェクスター125のマフラーを外す時はわざわざヘキサゴンレンチを用意しよう!

原付二種が増えましたねー。 ウチに入庫する原付バイクも、そうですねー、5台に1台は原付二種と言っても過言ではないほどです。 ただし、年式の新しい原付二種は、ほとんど修理に入りません。 なぜなら、あまり壊れないから。 つま

Read More »
ポシェ(3KJ)のアッパーカバー外し
ウィンカー点滅がおかしい

【マニュアル】カゴ付きバイクのポシェ(3KJ)のハンドルアッパーカバーを外してみる

通常、年明けから2月ぐらいまではヒマなんですが、工場がいっぱいです。 しかも、ぜんぶ2サイクル原付。 直してエンジン始動すると、もくもくと煙だらけになる、なんとも令和っぽくない光景が、工場の中にあります。 でも、キライじ

Read More »

Popular POST

Keyword

Bike Catalog