2024年3月1日より受付電話番号を廃止し、全ての修理予約は公式LINEからとなりました。

CATAROG

原付バイクカタログ

スマートディオ(AF56)

スマートディオ【AF56】

profile

スマートディオは、1988年の初代以来、4世代目となるディオとして、2001年3月に発売された。ディオは登場以来、スーパーディオ(2世代目)、ライブディオ(3世代目)と続いてきたが、ホンダによる正確なモデル名は、いずれも「ディオ」。
スマートディオも同様で、通称として用いられた「スマート」は、この新型ディオが、環境性能が高い水冷4ストロークエンジンを搭載し、そのうえ、ライブディオまでの2ストローク搭載車よりも約60%も燃費性能が向上していたことに由来していた。
ここでのスマートとは、「賢い」とか「気が利く」という意味でのスマートで、ずっと後(2007年)に登場するiPhone等を総称するスマートフォンに近い使い方だった。なお、スマートディオは、登場まもなく「デラックス」が設定された。
スマートディオ・デラックスは、信号待ちの際などに、自動的にエンジンを停止するアイドリングストップ機構を備え、前輪にディスクブレーキを採用した、文字通りの豪華仕様だった。2007年モデルまで設定され、原付1種を対象にした平成18年排出ガス規制に適合することなく、ラインナップ落ちした。

CM

manual

マニュアル_アクセルメンテナンス
マニュアル_アクセルメンテナンス
マニュアル_バッテリー交換法
マニュアル_バッテリー交換法
マニュアル_メットインボックス脱着
マニュアル_メットインボックス脱着
マニュアル_Fバスケット装着法
マニュアル_Fバスケット装着法
マニュアル_キックメンテ法
マニュアル_キックメンテ法
マニュアル_ヘッドライトアッパーカバー脱着法
マニュアル_ヘッドライトアッパーカバー脱着法
マニュアル_プラグ交換法
マニュアル_プラグ交換法

weak point

spec

型式BA-AF56
発売年月2001/3
全長×全幅×全高 (mm)1710×620×1010
ホイールベース (mm)1190
最低地上高(mm)115
シート高 (mm)710
乾燥重量 (kg)71
車両重量 (kg)76
最小回転半径(m)1.8
燃料消費率(km/L)75.0 30km/h走行時
原動機型式AF55E
原動機種類4ストローク
冷却方式水冷
排気量 (cc)49
カム・バルブ駆動方式OHC(SOHC)
気筒あたりバルブ数2
内径(シリンダーボア)(mm)38
行程(ピストンストローク)(mm)44
圧縮比(:1)12
最高出力(kW)3.7/8000rpm
最高出力(PS)5/8000rpm
最大トルク(N・m)4.6/7000rpm
最大トルク(kgf・m)0.47/7000rpm
燃料供給方式キャブレター
燃料供給装置形式NVK00A
燃料タンク容量 (L)5
燃料(種類)レギュラーガソリン
満タン時航続距離(概算・参考値)375.0
エンジン始動方式セルフ・キック 併用式
点火装置C.D.I.式
点火プラグ標準搭載・型式

CR8EH-9

搭載バッテリー・型式

YTZ7S

created by Rinker
GSユアサ(ジーエスユアサ)
¥8,707 (2024/07/23 10:35:02時点 Amazon調べ-詳細)

バッテリー容量12V-6Ah
エンジン潤滑方式ウェットサンプ式
エンジンオイル容量※全容量 (L)0.7
エンジンオイル量(オイル交換時) (L)0.6
推奨エンジンオイル(SAE粘度)10W-30
クラッチ形式乾式・多板・遠心
変速機形式Vベルト式・無段変速
フレーム型式アンダーボーン
キャスター角26°30´
トレール量 (mm)72
ブレーキ形式(前)機械式リーディングトレーリング
ブレーキ形式(後)機械式リーディングトレーリング
懸架方式(前)テレスコピックフォーク
フロントフォークタイプ正立フォーク
懸架方式(後)ユニットスイング式
タイヤ(前)

90/90-10 50J

タイヤ(前)タイプチューブレス
タイヤ(後)90/90-10 50J
タイヤ(後)タイプチューブレス
タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)1.25
タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)2.00
ヘッドライト定格(Lo/Hi)

12V40/40W

スピードメーター表示形式アナログ
メーター表示:燃料計
車両装備:前後連動式ブレーキ
車両装備:ヘルメット収納
車両装備:シート下収納(シート下トランク)
車両装備:キャリア
車両装備:センタースタンド

TOP