2024年3月1日より受付電話番号を廃止し、全ての修理予約は公式LINEからとなりました。

10年放置したリモジョグを復活修理!

ちょっと乗らなくなると、なんでエンジンがかからないのでしょう?

とよく質問されるコトがあります。

あまり専門的なコトをファーストコンタクトで言うのもなんなんで、原チャリだからです。

と答えるコトも少なくありません。

長年の放置でも諦めないで放置復活パック修理を頼もう

この放置年数が1年や2年であれば、まだ劣化具合は把握できるのですが、今回のお客様は10年の放置

すごい年数ですね。

通常は、おそらく引き受けてくれない案件でしょう。

現着して車両を確認してみると、さすがの荒れ方です。

積み込み

ブレーキはギコギコと引きずっているし、パンク、エアーバルブの劣化、アクセルは固着し、マフラーは詰まっている様子。

これは、久々に手間がかかりそうな気配です。

引き上げの修理の際は、一度、受付票にサインを頂き、お持ち帰り。

持ち帰り後、川口工場にて、徹底的にバラして、整備します。

ガソリン入れ替え

まず、ガソリンの入れ替えは当然ながら、キャブのオーバーホールやら、プラグ、駆動系チェック、電装系チェックなどなど、多種多様なメンテナンスを行います。

スチーム洗浄

当出張修理サービス店の特徴として、東京都内のバイク店ではまず行えない、全身のスチーム洗浄を行います。

10年分のホコリ、汚れ、油を吹き飛ばし、要所要所に錆止めを施します。

こうしたメンテナンスパックを20年続けているから、お客様満足度が違うのでしょう。

そして、今回のジョグ(SA16J)ですが、樹脂のインナーパーツが真っ白になってしまいかっこ悪いかっこ悪い。

そこで、この劣化してカッサカサになってしまった樹脂パーツを復活させ、黒々とさせる方法をご紹介します。

バーナーであぶるという方法です。

バーナー

表面の水分が無くなってしまった組織を一度溶かし、水分を復活させるコトで黒くなるという原理です。

もちろん炙りすぎは、変形しますので、ご注意下さい。

お客様チェック

修理ケース

ケースカテゴリー

NEW!修理マニュアル記事

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

原付ユーザーアンケート

あなたの原付トラブル症状は?
159 投票 · 258 回答
回答
TOP