2024年3月1日より受付電話番号を廃止し、全ての修理予約は公式LINEからとなりました。

CATAROG

原付バイクカタログ

リード90(HF05)

リード90【HF05】

profile

リード・シリーズが、スポーツスクーター路線から、「ビッグサイズ&ゆとりの走り」へと指向を変えた1988年4月20日に登場したのが、リード90だった(50ccモデルより5日早かった)。
80年代後半、スクーターのシート下トランクをヘルメット収納スペースとして用いる「メットイン」が、メリットとしてとらえられ始めており、88年発売のリード90(50)も、フルフェイスヘルメットも収められるとされていた(トランク容量28L)。
エンジンは排気量89ccの空冷2スト単気筒。最高出力は8.4psで、フロントサスにはアンチダイブ機構を装備。小回りの利く前後10インチホイールで、通勤用途に適したスクーターだった。電気式燃料計も備えていた。
登場後はカラー変更を繰り返し、1998年には、後継モデルとしてリード100が登場した。リード(50)のモデルチェンジとともに、リード80SSが発展するかたちで新登場。エンジンもリード80用をベースに開発されたものだった。

manual

マニュアル_テール球交換法
マニュアル_テール球交換法
マニュアル_サイドモールカバー脱着法
マニュアル_サイドモールカバー脱着法
マニュアル_アクセルメンテナンス
マニュアル_アクセルメンテナンス
マニュアル_メットインボックス脱着
マニュアル_メットインボックス脱着
マニュアル_Fバスケット装着法
マニュアル_Fバスケット装着法
マニュアル_ブレーキマスターメンテ法
マニュアル_ブレーキマスターメンテ法
マニュアル_キックメンテ法
マニュアル_キックメンテ法
マニュアル_タイヤ・ホイール脱着法
マニュアル_タイヤ・ホイール脱着法
マニュアル_ブレーキシュー交換法
マニュアル_ブレーキシュー交換法
マニュアル_バッテリー交換法
マニュアル_バッテリー交換法
マニュアル_サイドモールカバー脱着法
マニュアル_Fサイドモール脱着法

created by Rinker
バイクパーツセンター(Bike Parts Center)
¥7,808 (2024/07/23 12:25:18時点 Amazon調べ-詳細)

weak point

spec

型式HF05
発売年1988/4
全長✕全幅✕全高 (mm)1755✕715✕1060
ホイールベース (mm)1235
最低地上高(mm)110
シート高 (mm)735
乾燥重量 (kg)78
車両重量 (kg)85
最小回転半径(m)1.9
乗車定員(名)2
燃料消費率(km/L)54.1 50km/h走行時
原動機型式HF05E
原動機種類2ストローク
冷却方式空冷
排気量 (cc)89
2スト・吸気形式ピストンリードバルブ
内径(シリンダーボア)(mm)48
行程(ピストンストローク)(mm)49.6
圧縮比(:1)6.3
最高出力(PS)8.4/6500rpm
最大トルク(kgf・m)1/4000rpm
燃料供給方式キャブレター
燃料供給装置形式PB11
燃料タンク容量 (L)7.2
燃料(種類)レギュラーガソリン
満タン時航続距離(概算・参考値)389.5
エンジン始動方式セルフ・キック 併用式
点火装置C.D.I.式
点火プラグ標準搭載・型式

BPR6HSA

搭載バッテリー・型式

YT4L-BS

created by Rinker
台湾ユアサ (TAIWAN YUASA)
¥3,391 (2024/07/23 12:25:18時点 Amazon調べ-詳細)

エンジン潤滑方式分離給油(2スト)
2ストエンジンオイルタンク容量1.20
クラッチ形式乾式・多板・遠心
変速機形式Vベルト式・無段変速
変速機・操作方式自動変速
フレーム型式アンダーボーン
キャスター角28°00′
トレール量 (mm)80
ブレーキ形式(前)油圧式ディスク
ブレーキ形式(後)機械式リーディングトレーリング
懸架方式(前)ボトムリンクフォーク
懸架方式(後)ユニットスイング式
タイヤ(前)

100/90-10 56J

タイヤ(前)タイプチューブレス
タイヤ(後)100/90-10 56J
タイヤ(後)タイプチューブレス
タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・前)1.50
タイヤ標準指定空気圧(乗車定員時・後)2.25
ヘッドライト定格(Lo/Hi)

12V18/18W

スピードメーター表示形式アナログ
メーター表示:燃料計
車両装備:ヘルメット収納
車両装備:シート下収納(シート下トランク)
TOP