ビーノ2stのガクガクブルブル・・・ストン。。。というエンストが起こるわけ 5/5 (2)

ビーノクラッチ

ビーノなんですが、これからお話しする現象、これビーノに限らずなんですが、ヤマハに特に多い事例です。

エンジンをかける、スタンドを下ろす、そうすると車体が進んで行ってしまう といういわゆるクラッチが繋がってしまう現象。

これは、エンジンのコンディションが下がっている場合は、車体が進まずにエンストしていまいます。

今回の都内からのお客様は、まさにそんな案件。

始動性は悪くない車両なんですが、リアタイヤにトラクションをかけると、エンストするんです。

トラクションというのは、負荷をかけること、つまり、またがって信号待ちしている状態が、ずっとトラクションがかかっている状態です。

スクーターですから、遠心力クラッチという方式を採用しており、ニュートラルがクラッチが繋がっていない状態。

アクセルを開けることで、クラッチシューに遠心力がかかり、タイヤを回す。というのがカンタンな構造の説明ですが、それは理解する必要性はないでしょう。

そのクラッチが繋がったり離したりする動きを、バネの力で制御しているわけです。

そして、今回エンストを起こしてしまう原因が、そのバネが壊れてしまっているようなのです。

早速、動画を見てみましょうか。

これが、クラッチが繋がってしまっている時のリアホイールの挙動です。

これはアイドリングのみの回転数でも、トルクフルに回ってしまっているわけですね。

またがってしまうことで、トラクションがかかります。

そうなると、クラッチが繋がり、クランクに負荷がかかり、エンストを起こすというのが、故障のメカニズムですね。

それでは、修理するのに、クラッチ回りをチェックしてみましょう。

ビーノクラッチ

クラッチ側だけ外してみると、クラッチスプリングが欠落しているのがわかりますか?

ビーノクラッチ

これ、どっから落ちて来たかと言いますと、クラッチシューを繋ぎ留めるバネなんです。

前述したとおり、このスプリングを使って、繋いだり離したり制御しているわけなのですが、ヤマハスクーターは、本当に良く切れるんです。

焼入れが良く無いんだと思うんですよ。

硬すぎる、つまり、焼き温度が高過ぎだと思うんだけど、どーなのか知らんけど・・・新車の頃から切れるからね。

これが、正しくスプリングが付いている状態ね。

ビーノクラッチ

これが外れてる状態。

ビーノクラッチ

切れたスプリングはゴミなので、新たなスプリングを装着して修理完了。

300円ぐらいの部品代なので、2個とも同時交換するのがベストです。

あとあと、絶対に切れますから。

そしてこれが修理後の回り具合ね。

多少リアホイールは回るんだけども、前の動画と比べても、トルクがかかっていないのがわかるかな?

これが正常時です。

ちょっと特殊な故障案件ですが、気になったらご一報下さい。

今回の記事はどーでした?

Pocket
LINEで送る

エンジンストップトラブルを解決

原付バイク利用者の約70%の方が、出先でのエンジンストップを経験しています。
いやなもんですよね・・・

[su_list icon=”icon: hand-o-right”]

  • コンビニに寄っていざ帰ろうとするとエンジンがかからない
  • 昨晩は帰って来たのに、今朝、かからない
  • 信号待ちでストンと落ちて、それ以降かからない
  • 走行中に大きな音がして、突然エンジンが落ちた

[/su_list]

などなど、お電話受付で寄せられる症状は様々なモノがありますが、とにかく、エンジンがかからないのは、不便極まりなく、趣味で乗っている二輪車とは違い、毎日の通勤通学、用足しに使っている生活必需品としての役割が果たせなくなってしまうわけです。

エンジンストップした原付

ガッチャエンコ(エンジン不動)修理なら、そうして不動となってしまった原チャリを、お電話でヒヤリングし、適切なパーツを選定し、現場で確実に直すコトができます。
長年蓄積したノウハウがあるからこそ、TPOに応じた対応ができるんです。

状況を詳しく聞かせて下さい
ただ、「原チャが止まったので直しに来て下さい」←これでは、どんな故障で、どんなパーツが必要で、どんな対応をすればイイのかわかりません。
とにかく、エンジンが止まったら、次の3つは最低限お伝え下さい。

[su_list icon=”icon: hand-o-right”]

  • 変な音はしたか?
  • もともとエンジンのかかりが悪かったのか?
  • セルは回るのか?回らないのか?

[/su_list]

もちろん、聞きたいコトはもっともっといくらでもあるのですが、お電話でのヒヤリングがしっかりできれば、それだけ、原因の特定に近道となりますので、お客様側にメリットが生まれます。
そうした情報を元に、現場に出張し、適切な対応を致します。

[su_tabs active=”4″][su_tab title=”消耗品トラブル”]プラグやエアフィルターなどの消耗品が悪さをしているケースが大半です。現場で即座に交換し、乗って帰れる作業を施します。エアフィルターぼそぼそ[/su_tab] [su_tab title=”駆動系トラブル”]クラッチの粉砕破損、クランクナットの緩み、ベルト切れ、ギア故障など、現場対応とお引き上げ対応と50対50のケースです。クラッチ破損[/su_tab] [su_tab title=”オイルトラブル”]4ストバイクならば、交換不備による焼付き、2ストバイクならば、補充ミスによる焼き付きと、重症のケースが多いです。スペイシー100オイル交換方法[/su_tab][/su_tabs]

出先でも、自宅からでも、職場からでも、エンジンストップトラブルだからこそ、しっかりとした対応をする、ガッチャ・テクニカルサービスの出張修理

Pocket
LINEで送る


原付エンコも現場解決!