修理クルーに電話する
出張修理ご予約方法がわかる!

ガッチャ・テクニカルブログ

【マニュアル】ヴェクスター125のマフラーを外す時はわざわざヘキサゴンレンチを用意しよう! ※評価していません

ヴェクスター125のマフラー外し
ガッチャ・テクニカルサービス
ガッチャ・テクニカルサービス

ネット広報部(大谷っち)

  • Home
  • ブログ
  • 【マニュアル】ヴェクスター125のマフラーを外す時はわざわざヘキサゴンレンチを用意しよう!

原付二種が増えましたねー。

ウチに入庫する原付バイクも、そうですねー、5台に1台は原付二種と言っても過言ではないほどです。

ただし、年式の新しい原付二種は、ほとんど修理に入りません。

なぜなら、あまり壊れないから。

つまり、日々の走行で、全開を強いられている50ccと、余裕が違うんですよね。

特に幹線道路の走行時は、50ccは一時もアクセルを戻せない状況じゃないでしょうかね?

60km/h以下で走るのは、なんとなく怖い感じもしますもんね。

それが原付二種になれば、7割ぐらいのパワー感で巡航すると、イイ感じに流れに乗れる感じで走れますし、そもそも足廻りも安定していますよね。

今は、ハイホイールが流行りですし、10インチより12インチ、12より14インチ、インチ数が上がれば、直進走行安定性は増します。

今入庫しているヴェクスター125(CF42A)は、一昔前の原付二種ということもあり、車格はそこそこある上に、前後10インチと、安定性には欠けます。

ただ、乗っているユーザーに聞いてみると、どうも、乗りやすくて手放せない とのこと。

ヴェクスター125(CF42A)

当然ながらスズキのアドレスV125も検討したのですが、ちっこくて怖いので、やっぱり、この大きさがイイらしいです。

次はリード125がイイなー とは言っていましたが、やはり、PCXのよーなクルーザー系とは違う、オーソドックスなスクータースタイルの原付二種を求めるユーザーが多いですね。

まだまだ、このクラスは販売台数は伸びるでしょー。

ユーザーは求めています。

あとはラインナップですね。

今のしょぼい原付二種ラインナップでは、客は一定数で伸び悩みます。

スマートなデザインで、フラットなステップ、重たくないハンドル、12インチ、リアキャリアがしっかり広くて、メットインが使えて、前カゴが付けられる、サイドスタンド標準装備で、アイドルストップとかなしの原付二種を、25万円以下。

これが最低限度の条件ですね。

つまり、ジョグ125が現時点での最もおすすめ原付二種ですね。

フロントがドラムブレーキってのがイイよねー、その割り切り。

ディオの原付二種も今後出すならば、この路線を追従すべきだと思うんだけど、一般消費者とわたし個人がどれだけ感性がかけ離れているかは、不明です。

そんなヴェクスターですが、今回はタイヤ交換がありましたので、まずはマフラー外しですね。

 

ヴェクスター125のマフラー外し

この手順は、ヴェクスターの兄貴分の150も同じ手順です。

ヴェクスター125のマフラー外し

まずはエキパイ部なんですが、ちょっと見にくい画像になっちゃいましたが、5mm六角が2本で留まっています。

とにかく、この頃のスズキは、エキパイ部の取り外しが面倒なんです。

見にくくてね。

ヴェクスター125のマフラー外し
ヴェクスター125のマフラー外し

ヘキサゴンレンチを使うってのも、ちょっとセンスないですよね。

こう使うと、短いほうで回さなければならないので、不便なんですよね。

ソケットでも突っ込んで回すのがベストです。

または、ラチェットを使うかですね。

ヴェクスター125のマフラー外し

ラチェットを使うことで回すのは楽なんですが、回すためのエリアを確保しないとならないので、どうしてもオフセットさせる必要性がある。

つまり、長くなればなるほど、力は分散するわけです。

ふつーに8mmや10mmネジにチェンジするのがイイかもね。

ヴェクスター125のマフラー外し

あとは、マフラー脇に留まる12mmボルトを2本外します。

これは、外す時に、完全にボルトを抜いてしまうとゴトっと落ちてしまうので、半分指しておいて、マフラーを持ち上げながら外すのがコツ。

ヴェクスター125のマフラー外し

半ねじにしておいて、あとは手回しで外すと、マフラーは取りやすいですよ。

では、今回はココまで。

この後、タイヤ交換をしたのですが、ま、それは紹介せずともイイでしょう。

ではでは。

今回の記事はどーでした?

New POST

ポシェ(3KJ)のアッパーカバー外し
ウィンカー点滅がおかしい

【マニュアル】カゴ付きバイクのポシェ(3KJ)のハンドルアッパーカバーを外してみる

通常、年明けから2月ぐらいまではヒマなんですが、工場がいっぱいです。 しかも、ぜんぶ2サイクル原付。 直してエンジン始動すると、もくもくと煙だらけになる、なんとも令和っぽくない光景が、工場の中にあります。 でも、キライじ

Read More »

Popular POST

Keyword

Bike Catalog