トゥデイのメンテついでに割れた外装をサービス交換してあげた案件 4/5 (1)

フェンダ潰れ

電話で申し込みがありましたが、電話口ではエンジンがかからない案件だったはずだったんですが、ま、行ってみると、どうやらエンジンはかかるみたい。

事前にお伝え頂くと持ってくるパーツがわかったんですけどね~

とは言え、

こんなことはよくあることで、良く言えば臨機応変さが必要になる仕事ですし、悪く言えば、素人さんの言うことは5割しか適切じゃない・・・というのが実情。

バイクや車の出張対応なんて、そんな仕事と割り切ってますけどね。

そうした中で、いろんなケースを想定してパーツを用意して行くのですが、エンジン不動案件のパーツの用意でしたが、電球を交換して下さい。という案件に変わりまして、さすがにヘッドライト電球を持ってきてないので、お引き上げとしました。

気になったのが、フェンダーとFカバーをバキバキ状態の割れたまま使っているようで、治安が悪い。

ただ、そんな理由でしたが、ちょうどこのトゥデイの緑は、ウチに中古パーツが余っていたので、サービス交換してあげることにしました。

サービスなんで、喜んでいらっしゃいましたが、その変わり、いろいろと消耗品交換もさせて頂くことをお願いしました。

プラグ、オイル、フィルターの、消耗品3点パック交換。

当社では、この3点パック交換を、リフレッシュパックと呼んでおります。

話し戻しますが、フェンダーの潰れ具合はこんな感じ。

フェンダ潰れ

どかん!っと前から突っ込んだ自損ですね。

意外と割れるんですよ。

これに伴い、Fカバーもこんな感じ。

Fカバー潰れ

あんまし、割れたまま乗るってのもねー

今回のお客さんは前にも一度使って貰った経緯もありますし、割れたままの車両を毎度修理する自分がイヤなので、今回はお金が出ない感じだったので、サービス交換しちゃいました。

工場にも他に1台しか入庫してない状態だし、気分的に余裕もありましたので。

※誰しもこんなサービスをするわけじゃないので、勘違いされないようにお願いします。

完璧に修理

はい、あとは納車です。

納車と言っても、川口市の地元なんで、ほんの15分ぐらいなところです。

いやしかし、治安がイイっすね。

壊れた外装パーツは、なるべく交換して頂くと、我々業者さんとしては嬉しい限りです。

今回の記事はどーでした?

Pocket
LINEで送る

エンジンストップトラブルを解決

原付バイク利用者の約70%の方が、出先でのエンジンストップを経験しています。
いやなもんですよね・・・

[su_list icon=”icon: hand-o-right”]

  • コンビニに寄っていざ帰ろうとするとエンジンがかからない
  • 昨晩は帰って来たのに、今朝、かからない
  • 信号待ちでストンと落ちて、それ以降かからない
  • 走行中に大きな音がして、突然エンジンが落ちた

[/su_list]

などなど、お電話受付で寄せられる症状は様々なモノがありますが、とにかく、エンジンがかからないのは、不便極まりなく、趣味で乗っている二輪車とは違い、毎日の通勤通学、用足しに使っている生活必需品としての役割が果たせなくなってしまうわけです。

エンジンストップした原付

ガッチャエンコ(エンジン不動)修理なら、そうして不動となってしまった原チャリを、お電話でヒヤリングし、適切なパーツを選定し、現場で確実に直すコトができます。
長年蓄積したノウハウがあるからこそ、TPOに応じた対応ができるんです。

状況を詳しく聞かせて下さい
ただ、「原チャが止まったので直しに来て下さい」←これでは、どんな故障で、どんなパーツが必要で、どんな対応をすればイイのかわかりません。
とにかく、エンジンが止まったら、次の3つは最低限お伝え下さい。

[su_list icon=”icon: hand-o-right”]

  • 変な音はしたか?
  • もともとエンジンのかかりが悪かったのか?
  • セルは回るのか?回らないのか?

[/su_list]

もちろん、聞きたいコトはもっともっといくらでもあるのですが、お電話でのヒヤリングがしっかりできれば、それだけ、原因の特定に近道となりますので、お客様側にメリットが生まれます。
そうした情報を元に、現場に出張し、適切な対応を致します。

[su_tabs active=”4″][su_tab title=”消耗品トラブル”]プラグやエアフィルターなどの消耗品が悪さをしているケースが大半です。現場で即座に交換し、乗って帰れる作業を施します。エアフィルターぼそぼそ[/su_tab] [su_tab title=”駆動系トラブル”]クラッチの粉砕破損、クランクナットの緩み、ベルト切れ、ギア故障など、現場対応とお引き上げ対応と50対50のケースです。クラッチ破損[/su_tab] [su_tab title=”オイルトラブル”]4ストバイクならば、交換不備による焼付き、2ストバイクならば、補充ミスによる焼き付きと、重症のケースが多いです。スペイシー100オイル交換方法[/su_tab][/su_tabs]

出先でも、自宅からでも、職場からでも、エンジンストップトラブルだからこそ、しっかりとした対応をする、ガッチャ・テクニカルサービスの出張修理

Pocket
LINEで送る


原付エンコも現場解決!