修理クルーに電話する
出張修理ご予約方法がわかる!

ガッチャ・テクニカルブログ

松戸市@トゥデイのエンジントラブル 5/5 (1)

エンジン添加剤注入
ガッチャ・テクニカルサービス
ガッチャ・テクニカルサービス

ネット広報部(大谷っち)

最近、ガソリンエンジン車の限界を感じております。

とにかく、お客さまは、オイル交換をしない。

原付バイクの、冷却を兼ねている1リッター満たないオイルは、悲鳴を上げて熱と戦っているわけです。

オイル交換をしようよ!

仮に水冷エンジンである、スマートディオやスクーピーをお乗りのお客さまは、オイル管理を少しサボっても、大丈夫です。

水が冷やしてくれるので、オイルは汚れを落とせば機能を果たすからです。

これが、ジョルノやトゥデイの場合、空冷エンジンとなり、汚れは落とさなければならない、爆発による熱は冷却せんとイケない。

こんな酷使されるのに、0.7リッターしか入っていないのです。

どっちのエンジンが長持ちするか!? と言うと、当然、スマーディオやスクーピーなどの、水冷エンジンです。

じゃあ、そっち買えば?

平均的に、水冷エンジンは、20~30万円します。

対して、空冷エンジンは、13~20万円が相場です。

安物買いの銭失いって現象ですね。

実は、今回のご依頼も、オイル管理を怠った経緯で、トラブった修理です。

外環終点の三郷で下り、松戸市へ。

外環終点

今回はお引き上げでの、テスト試乗を兼ねての修理。

まず、古いオイルを出してみると、かなり量を減っている状態。

オイル交換

おそらく、半分の300mlぐらいしか出て来ませんでした。

いわゆる、エンジン内部で煮詰まってしまった状態でしょう。

そこで、オイルフラッシングを行い、WAKO’Sのクイックリフレッシュを使用。

クイックリフレッシュ

オイル粘度を変えずに、ギアやギミック部位を守る、オイル上がりにも有効な添加剤です。

この添加剤類を嫌うメカニックが多いですが、しっかり自分の目で見て、検証してから、嫌っても遅くないでしょう。

こーした小道具や小技を使うコトは、お客さまにとっても、コスト減になるし、ガッチャでは積極的に利用して行こうと思っております。

そして、先ほどの話しに戻りますが、これなんです。わたしが言いたいのは。

もし、定期的に見てくれるバイク店があれば、親身になって気づいてくれる販売店で買っていれば、こーした小技、小道具で、いくらでもバイクなんて救えるんです。

ガソリンエンジンの限界ではなく、わたしには、お客さまがバイクにお乗りになれる限界、そして、バイク業界の限界が見えるんです。

販売店がしっかりサポートする体勢が整っていれば、お客さまが焼き付かせるコトも無いし、お客さまがしっかりエンジン特性を理解していれば、やはり、しかるべきなのです。

そのどっちの志も低迷しているトコロに限界を感じております。

gear-line50.png

今回の修理データ

エリア:千葉県・松戸市
バイク:ホンダ・トゥデイ(AF61)
トラブル:エンコ
作業時間:約50分
作業難易度:★★☆☆☆

gear-line50.png

今回の記事はどーでした?

New POST

ジョルノ4のセンターカバー外しからのプラグ交換
エンジンがかからない

【マニュアル】ジョルノ4の信号待ちでストンと落ちる現象はプラグ交換で解消するかも!?

さて、今回はメンテナンスマニュアルです。 信号待ちでストンと落ちてしまう現象のジョルノ4なのですが、まずはまずはのプラグ交換方法をやってみたいと思います。 そして、このプラグ交換ですが、必然的に、センターカバーという外装

Read More »
ベンリィのプラグ交換法
エンジンがかからない

【マニュアル】ベンリィ(スクーター)エンジン不動をプラグ交換からコンディションUP▲

最近の傾向として、出張修理を依頼するケースも、多種多様となりました。 一般のお客様はもとより、特徴的なのは、フードデリバリーを副業としてライフスタイルに取り入れている原付ユーザーもとても多くなりました。 今回のエンジン不

Read More »

Popular POST

Keyword