修理クルーに電話する
出張修理ご予約方法がわかる!

ガッチャ・テクニカルブログ

【マニュアル】リード125のメットインボックスの外し方 ※評価していません

リード125のメットインボックス外し
ガッチャ・テクニカルサービス
ガッチャ・テクニカルサービス

ネット広報部(大谷っち)

  • Home
  • ブログ
  • 【マニュアル】リード125のメットインボックスの外し方

さて、今回はメンテナンスマニュアルです。

めっきり原付二種が増えました。

通勤に使われるユーザーが大半かと思いますが、なにせ距離を乗るので、それなりに、大きい故障の依頼は多く入ります。

エンジンをイジる修理も多く、今回行う、メットインボックスの取り外しも日常的にやる作業となります。

そこで、今回は、原付二種のリード125(JF45)のメットインボックスの外し方講座をやってみたいと思います。

この作業、比較的カンタンにできます。

まずは、メットインオープン。

リード125のメットインボックス外し

このショットでほぼ、すべてのネジが見えると思いますが、ひとつひとつ解説して行きましょう。

リード125のメットインボックス外し

まずは底部の10mmネジを2本外します。

オフセットがあるネジとなります。

リード125のメットインボックス外し

次に後方部ですが、まず、シートロック両脇の2本の10mmネジを外す。

さらに、リード特有ですが、大型キャリアが一緒に留まってるので、赤丸の方の、12mmボルトを左右2本を外します。

いずれも、反時計回りで緩む方向ですので、間違わないように。

というか、これでおしまい。

あとは、ボックスごと引っこ抜くだけです。

リード125のメットインボックス外し

10mmネジがこれです。

オフセットしてあるタイプなので、無くさないように。

リード125のメットインボックス外し

キャリアが留まる12mmボルトがこちらです。

ワッシャーも付いています。

リード125のメットインボックス外し

クーラント蓋がひっかかるので、外して、ちゃんと保管しておきましょう。

リード125のメットインボックス外し

大きなパーツなので、両手で引き抜くようになるでしょう。

リード125のメットインボックス外し

はい、これで取れました。

どうですか、この広いメンテナンス領域。

かなり広々とエンジン・インジェクション・電装系のメンテナンスができますね。

シートロックやエアクリーナーボックスなども露出してくるので、大半のメンテナンスがこのメットインボックスを外すことでできるようになると思います。

 
 

 

 

今回の記事はどーでした?

New POST

ジョグ4のバッテリー交換方法
アクセルを開けると止まる

【マニュアル】ジョグ4ストのバッテリー交換方法

さて、今回はメンテナンスマニュアルです。 ヤマハの定番スクーター、ジョグ。 このジョグは、4サイクルになってから、マイナーチェンジを数回行っており、型式が、SA36J→SA55J→SA57J とチェンジしています。 その

Read More »
V50の放置復活修理
アドレスV50

V50の放置復活パック案件でスピードメーター上がらず

放置した原付バイクを復活させる修理プランがあります。 ガッチャでも人気の修理プランなのですが、この放置パックで入らない修理内容はどうなるのか不思議ですよね? 今回、そんなケースがありましたので、ご紹介したいと思います。

Read More »

Popular POST

Keyword