2024年3月1日より受付電話番号を廃止し、全ての修理予約は公式LINEからとなりました。

【マニュアル】人気の原付二種!アドレスV125(CF46A)のメットインボックス取り外し方法

前回はアドレスV125(CF4EA)のメットインボックスの外し方をやった。

これは後期型であり、これのひとつ前の型、CF46A型は、少々手順が違う。

最近の傾向だが、前期型よりも後期型の方が、パーツを留めるネジが少なくなっていたりするのが特徴。

つまり、コストダウン。

今回も例に外れず、前期型の方がネジがひとつふたつ多くなっている。

早速、やってみよう。

アドレスV125(CF46A)

フレームなどのプラットフォームが変わったわけではないので、大きくは違わない。

興味のある方は、前回のマニュアルと見比べてみるのもおもしろいだろう。

V125前期型のメットインボックスの外し方

まず、シートオープン。

ちょうど、この部分がフラット部になっており、フレームに留まるネジが2本留まっている。

しかし、黒いゴムカバーがかぶっているので、この蓋を開ける必要性がある。

V125前期型のメットインボックスの外し方

キャップ状になっているわけだ。

V125前期型のメットインボックスの外し方

開けると、中に六角5mmネジが留まっているので、これを外す。

V125前期型のメットインボックスの外し方

あとはシートロック部の後ろに、10mmネジが留まっているので、これも外す。

少しオフセットしているので、ロングソケットが望ましい。

V125前期型のメットインボックスの外し方

中敷きを外す。

V125前期型のメットインボックスの外し方

底部に留まる10mmネジを2本外す。

V125前期型のメットインボックスの外し方

さらにその上にヒンジ部脇に2本、#2プラスビスが留まっているので、これも外す。

片方はヘルメットフックと共締めだ。

V125前期型のメットインボックスの外し方

あとはボックスを持ち上げるだけ。

ガソリン給油口のゴムカバーをかわすのだけ力が要る。

V125前期型のメットインボックスの外し方

持ち上げ過程で、ガソリンのドレンホースが付いているので、外しておこう。

V125前期型のメットインボックスの外し方

さらに、このグレードは、シガーソケットが標準で付いているタイプだったので、熱線用の配線を2本外す。

プラスマイナス端子となる。

V125前期型のメットインボックスの外し方

これで完了。

メンテナンスエリアが広がりました。

ちょっと中を覗いてみましょうね。

V125前期型のメットインボックスの外し方

エンジンシリンダーに装着されているのが、プラグキャップ。

ちょうどプラグ交換する場合も、上からやると楽ちんである。

V125前期型のメットインボックスの外し方

インジェクションと燃料ポンプのメンテナンスもここからカンタンにできそうだ。

V125前期型のメットインボックスの外し方

ガソリンタンクのセンサーや、シートロックなどもこれでカンタンにメンテナンスできる。

いかがだっただろうか、新旧のメットインボックス外し。

こうして違いを確認しながらやるのもおもしろいもんだ。

ではでは。

関連マニュアル

コメント

この記事へのコメントはありません。

最新修理マニュアル

  1. DIYで外す!トラッドタクト(AF24)のメットインボックス脱着法をレクチャー

  2. セルが弱くなったカブ50/110(AA09・JA44・JA59)のDIYバッテリー交換法

  3. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~洗浄編~

  4. シグナスX・SR(SE12J)のエンジン不動をキャブレター洗浄で復活させる方法~離脱編~

  5. 原付二種で人気のアクシスZ 外装外しの基本中の基本!フロントカバー外し

  6. ZZ(CA1PB)・レッツ・レッツⅡ前期型(CA1KA・B・CA1PA・C)のボディカバー脱着法

  7. ディオ4(AF62/68)の大きなボディカバーを外してみよう

人気の修理マニュアル

修理マニュアルカテゴリー

原付ユーザーアンケート

原付DIYメンテ、あなたはどこまでやる?
20 投票 · 48 回答
回答

硬いネジや舐めそうなネジを浸透力で確実に回せるようになる原付メンテの必需品!


TOP