横浜市港北区@ライブディオZXのキー交換 5/5 (1)

メインキーシリンダー交換

本日、夜間の部は、一件ですが、少々遠方です。

ガッチャの出張地域としてはあまり仕事を受けない地域。

横浜の出張キー交換

山手トンネル

横浜市港北区です。

横浜と言えば、大きく分けて、第三京浜で行く地域と、首都高で行く地域と分かれるのですが、港北区は、第三京浜を使います。

首都高の用賀で下りて、環八を一時使い、そして、第三京浜に乗ります。

くっつけてしまえ!

広域地図で見れば、くっつけてもええ距離やろー って思いますが、ま、ま、そこは大人の事情で別々に。

なんでもかんでもくっついて便利になればイイと言うもんでもありません。

例えば、環八は、赤羽辺りに来ると、環七とぶつかるとゆー 不思議な環状線です。

環状線は、一生ぶつかるわけない とゆー常識を打ち破っております。

くっつけて便利になったわけでもなく・・・なんたらかんたら・・・

さて、そんなこんなで、新横浜です。

新横浜

新横浜と言えば、このま~~~るい歩道橋ですね。

交差点の真ん中が、ぱっくり穴が開いてて、あら、なんだか開放感です。

ライブディオZX

そして、今回のお仕事は、メインキー交換です。

カギ穴にアロンアルファのいたずらです。

キー交換は滞り無く終えたのですが、このお客さま、若干17歳

でも、やっぱり、男の子と違いますね。

女の子はしっかりしてます。

しっかり、大人とお話し出来るのが、スゴイ

男の子の17歳だと、何を言ってるやら、さっぱりわからないトコロも見受けられますからね。

精神年齢が大人なのでしょうね。

お客さま

カメラに快く入ってくれて、ピースですね、かわいい。

今回はありがとうございました。

gear-line50.png

今回の修理データ

エリア:神奈川県・横浜市港北区
バイク:ホンダ・ライブディオZX(AF35)
トラブル:メインキー交換
作業時間:約20分
作業難易度:★☆☆☆☆

gear-line50.png

今回の記事はどーでした?

Pocket
LINEで送る

カギ穴の出張交換ができるガッチャ

一度、原付バイクを購入し利用するとなると、日々、「盗難」「いたずら」「愉快犯」などの攻撃から防御するコトを考えなければなりません。
そして、その攻撃を受ける一番の部位が、カギ穴です。
カギにまつわるトラブルには、こんなモノがあります。

キーのいたずら

  • キーを無くした
  • メットインの中にカギを閉じ込めてしまった
  • シャッターを閉めてしまって開かない
  • カギ穴にカギがささらない
  • キーシリンダーが回らない
  • 鍵穴に異物を詰められてしまった
  • カギを付けっぱにしておいて持って行かれた

などなど、寄せられるトラブル報告は、多種多様であり、どれもこれも機械的故障ではなく、人的損害であるコトは明確ですね。
日本が平和 なんて誰が言っているのでしょう?ちゃんちゃらおかしーですね。
少なくとも、こうして現場からSOSを出す人、受ける人の現場では、これほどまでにキートラブルが起こっている現状を、おそらくメーカーも、業界も、その辺のバイク販売店も理解しておりません。

なぜなら!カギのトラブルは、現場の最前線のガッチャに電話があるからです!

原付専門店が安心!

なぜ、原付バイクのキートラブルは、原付専門店がイイのか!?

それは、カギを無くした場合を考えてみましょう。
無くしたのが、バイクにつけっぱだったのか?どっか他の場所で落としたのか?バイクのそばで落としたのか?不明な場合って多いと思うんです。
そんな時に、もし、電話帳を調べてただの住宅カギ屋を呼んでしまった場合、カギを鍵穴から作るコトはできるが、キーシリンダーを新品交換するコトには対応していないわけです。
状況がわからない場合も多々あるわけですし、そうした、後々の危機対策をも考えて、業者選びをして頂きたいわけです。

カギを無くしたから→カギ屋 ではなく、原付のトラブル→原付専門店 という思考に切り替えて頂きたい!

キートラブル

【メンテナンス対応】

  • 鍵穴からのキー作成
  • メインキーシリンダーの交換
  • シャッターを開ける
  • メットインを開ける
  • キーセットの交換

原付のキーに関するトラブル、ガッチャにお任せ下さい!

さぁ!今すぐお電話!

Pocket
LINEで送る


カギの交換はガッチャへ