【マニュアル】アドレスV125フロントカバーの取り外し方法 4.89/5 (9)

アドレスV125

今回のDIYメンテシリーズは、アドレスV125だ。

原付二種で不動の人気なのか!?と思ったが、すんなりとPCX・シグナスにスイッチしたのは、一瞬のぬか喜びだったであろう。

でも、今だ、この小ささに惚れ込んでいるユーザーもおり、交換頻度の高いフロントカバーなどをやってみたいと思う。

フロントカバーはデカいぞ

てっくん
どーもー
アドレスV125は人気の原二だよね!
そのV125のフロントカバーの外し方、すごく役立ちそーだね。
ガッチャくん
こんチャ。
V125のフロントカバーは、サイドステップまで一体化されているわりと大きなパーツになるッチャ。
それだけに、パーツ代は高くなるので、おいそれバイク屋交換とゆーのは難しいが、台湾やチャイナパーツを多く流通しているから、DIY交換の機会は多いかもッチャ。
パっと見、ウィンカーが装着されているので、複雑そーだけど、ステップに添ってやっていくとカンタンッチャ。
てっくん
工具はなにが必要かな?
ガッチャくん
今回必要な工具は、

  • プラスドライバー#3
  • プラスドライバー#2
  • クリップ外し or 内装外し

なのだが、クリップ外しは必須ではないッチャ。
では、早速、フロント正面の3本のプラスネジを確認するッチャ。

V125フロントカバー取り外し

ガッチャくん
↑この3本のプラスネジ(#3)を反時計回りに緩め、外すッチャ。
てっくん
外れたよー
タッピングではないネジだね。
ガッチャくん
次に、インナー側から見て、肩の部分のビスを2本外してくれッチャ。
てっくん
おっと、こっちはビスだね。

V125フロントカバー取り外し

てっくん
この↑グローブボックスが付いていないV125もあるよね?
ガッチャくん
そーッチャ。
グローブボックスが付いていない車種の場合も手順は変らないッチャ。
次に、そのグローブボックス下のビスを左右両側外してくれッチャ。

V125フロントカバー取り外し

ガッチャくん
今一度、前に移動し、フロントタイヤの泥除け部分を覗き込むッチャ。
暗くて、写真で表現しにくいのだけど、カウルクリップで留まっている左右2本を、プッシュして引っ張るタイプなので、外してくれッチャ。
真ん中をプッシュすると、フリーになって外れるので、外したらギミックを確認してくれッチャ。

V125フロントカバー取り外し

てっくん
おおお~ やりにくい・・・
そのクリップ式のネジはやりにくいねー
ま、でも、左右両方外れたよ。
ガッチャくん
あとは、前方に引っ張るようにツメをかわしてくれッチャ。
てっくん
おおお!バキっ!
は、外れたわ~~~~ こえ。

V125フロントカバー取り外し

ガッチャくん
そしたら、ウィンカーコネクターが留まっているッチャ。

V125フロントカバー取り外し

てっくん
これを両側外せばイイのね。
おーし!これでフロントカバーが取れましたー

V125フロントカバー取り外し

ガッチャくん
おー 外れたッチャね。
うまいうまい。
外れたフロントカバー内を見てみるッチャ。
てっくん
ふむふむ・・・電装系がけっこー複雑だね。
ガッチャくん
そーッチャ。
ココにすべて集中させている作りになるから、もし、電装系でおかしーコトが起こったら、フロントカバーを外すコトになるッチャ。
てっくん
それだけに、今回の作業は役に立つね。
勉強になったよ。
ありがとー

レクチャーまとめ

  • 今回のレクチャー:アドレスV125(CF46A・CF4EA)のフロントカバーの外し方
  • 作業時間:約10分
  • 作業難易度:★★☆☆☆
  • この作業は:各ケーブル類・メインキー・電装系交換時などに必要

今回の記事はどーでした?

Pocket
LINEで送る

カギ穴の出張交換ができるガッチャ

一度、原付バイクを購入し利用するとなると、日々、「盗難」「いたずら」「愉快犯」などの攻撃から防御するコトを考えなければなりません。
そして、その攻撃を受ける一番の部位が、カギ穴です。
カギにまつわるトラブルには、こんなモノがあります。

キーのいたずら

  • キーを無くした
  • メットインの中にカギを閉じ込めてしまった
  • シャッターを閉めてしまって開かない
  • カギ穴にカギがささらない
  • キーシリンダーが回らない
  • 鍵穴に異物を詰められてしまった
  • カギを付けっぱにしておいて持って行かれた

などなど、寄せられるトラブル報告は、多種多様であり、どれもこれも機械的故障ではなく、人的損害であるコトは明確ですね。
日本が平和 なんて誰が言っているのでしょう?ちゃんちゃらおかしーですね。
少なくとも、こうして現場からSOSを出す人、受ける人の現場では、これほどまでにキートラブルが起こっている現状を、おそらくメーカーも、業界も、その辺のバイク販売店も理解しておりません。

なぜなら!カギのトラブルは、現場の最前線のガッチャに電話があるからです!

原付専門店が安心!

なぜ、原付バイクのキートラブルは、原付専門店がイイのか!?

それは、カギを無くした場合を考えてみましょう。
無くしたのが、バイクにつけっぱだったのか?どっか他の場所で落としたのか?バイクのそばで落としたのか?不明な場合って多いと思うんです。
そんな時に、もし、電話帳を調べてただの住宅カギ屋を呼んでしまった場合、カギを鍵穴から作るコトはできるが、キーシリンダーを新品交換するコトには対応していないわけです。
状況がわからない場合も多々あるわけですし、そうした、後々の危機対策をも考えて、業者選びをして頂きたいわけです。

カギを無くしたから→カギ屋 ではなく、原付のトラブル→原付専門店 という思考に切り替えて頂きたい!

キートラブル

【メンテナンス対応】

  • 鍵穴からのキー作成
  • メインキーシリンダーの交換
  • シャッターを開ける
  • メットインを開ける
  • キーセットの交換

原付のキーに関するトラブル、ガッチャにお任せ下さい!

さぁ!今すぐお電話!

Pocket
LINEで送る


カギの交換はガッチャへ