出張するも修理断念! 5/5 (1)

バッテリー電圧

出張修理サービスをやってると、技術的に面だけではなく、諦めなければならない場合もあります。

今回の事例もそうです。

修理断念という決断も時に幸

我々修理業者がどこまでも技術を追求して、修理、復活させるコトは可能なんです。

それがどんな故障であろうと。

ただし、そこにはコストという壁があります。

今回の出張修理のケースがそれ。

ライブディオ(AF34)にお乗りのさいたま市のお客様、エンコ(エンジン故障)により、お困りのご依頼。

現場到着

現着すると、明らかに経たりが伝わりました。

バッテリー電圧

バッテリーの電圧は、11.8Vと、平常時の13Vに遠い数値。

これは、死んでます。

プラグ不良

キー接点不良

2ストバイクですから、エンジンがかかる、かからないは、バッテリーに依存はしませんが、プラグやメインキーの接点不良を疑ってみても、ダメ。

エンジンはかかろうとはするが、アイドリングしない状況。

キャブもあまり出張現場ではバラしたりはしないのですが、念のためチェックしてみるが、一度オーバーホールの必要性がありそうな感じ。

ただ、ここで相談。

これ以上の修理をする車体的価値がありますか? いつも、これをお客様には問答します。

あくまで我々の判断ではなく、お客様の判断を仰ぎます。

本日のお客様の場合は、これ以上の修理を断念するとの判断。

ライブディオ

いろいろと判断材料は与えて、決めていただきましたので、出張費用とここまでの作業工賃を頂き、今回は終了するコトと致しました。

修理に踏み込むには、やはり、ある程度の年式が必要ですね。

実感したケースでした。

にほんブログ村 バイクブログ バイク 修理・整備へ
にほんブログ村

今回の記事はどーでした?

Pocket
LINEで送る

エンジンストップトラブルを解決

原付バイク利用者の約70%の方が、出先でのエンジンストップを経験しています。
いやなもんですよね・・・

  • コンビニに寄っていざ帰ろうとするとエンジンがかからない
  • 昨晩は帰って来たのに、今朝、かからない
  • 信号待ちでストンと落ちて、それ以降かからない
  • 走行中に大きな音がして、突然エンジンが落ちた

などなど、お電話受付で寄せられる症状は様々なモノがありますが、とにかく、エンジンがかからないのは、不便極まりなく、趣味で乗っている二輪車とは違い、毎日の通勤通学、用足しに使っている生活必需品としての役割が果たせなくなってしまうわけです。

エンジンストップした原付

ガッチャエンコ(エンジン不動)修理なら、そうして不動となってしまった原チャリを、お電話でヒヤリングし、適切なパーツを選定し、現場で確実に直すコトができます。
長年蓄積したノウハウがあるからこそ、TPOに応じた対応ができるんです。

状況を詳しく聞かせて下さい
ただ、「原チャが止まったので直しに来て下さい」←これでは、どんな故障で、どんなパーツが必要で、どんな対応をすればイイのかわかりません。
とにかく、エンジンが止まったら、次の3つは最低限お伝え下さい。

  • 変な音はしたか?
  • もともとエンジンのかかりが悪かったのか?
  • セルは回るのか?回らないのか?

もちろん、聞きたいコトはもっともっといくらでもあるのですが、お電話でのヒヤリングがしっかりできれば、それだけ、原因の特定に近道となりますので、お客様側にメリットが生まれます。
そうした情報を元に、現場に出張し、適切な対応を致します。

消耗品トラブル駆動系トラブルオイルトラブル
プラグやエアフィルターなどの消耗品が悪さをしているケースが大半です。現場で即座に交換し、乗って帰れる作業を施します。エアフィルターぼそぼそ
クラッチの粉砕破損、クランクナットの緩み、ベルト切れ、ギア故障など、現場対応とお引き上げ対応と50対50のケースです。クラッチ破損
4ストバイクならば、交換不備による焼付き、2ストバイクならば、補充ミスによる焼き付きと、重症のケースが多いです。スペイシー100オイル交換方法

出先でも、自宅からでも、職場からでも、エンジンストップトラブルだからこそ、しっかりとした対応をする、ガッチャ・テクニカルサービスの出張修理

Pocket
LINEで送る


原付エンコも現場解決!